「賢いバス停」の成果。Googleマップ(TM)経路探索で野々市市の「のっティ」利用の経路表示可能に

学校法人金沢工業大学 2018年03月01日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月1日

金沢工業大学

野々市市と金沢工業大学が産官学で取り組む「賢いバス停」の取組成果。
Googleマップ(TM)の経路探索で
野々市市のコミュニティバス「のっティ」を利用した経路表示が
2018年1月より可能に。

2018年1月9日より、Googleマップ(TM)における経路検索において、野々市市のコミュニティバス「のっティ」の情報が利用できるようになりました。
Googleマップ(TM)において、野々市市内を出発地・目的地とするような経路検索をする際、コミュニティバス「のっティ」を利用した経路が表示されるもので、野々市市内の公共交通の利便性が一層高まります。

野々市市と金沢工業大学では、ヨシダ宣伝株式会社、NECソリューションイノベータ株式会社との産官学で、総務省の平成28年度IoTサービス創出支援事業として「地域を網羅する賢いバス停による見守りサービス事業の創出と展開~」を進めています。
これは、住民に身近なバス停を情報端末化し、地域を網羅したIoTネットワークを構築することで、児童や高齢者の見守りサービスの創出と展開を目指すものです。
この研究活動の一環として作成されたバス停の位置情報やバスの経路情報、発着時間情報などのデジタルデータをGoogleに提供することで、このたびのサービスが可能となりました。これにより、公共交通機関の利用が促進され、より便利で住みやすいまちの実現に繋がるものと期待されています。なお、このデジタルデータの作成作業は、アイパブリッシング株式会社で行いました。

金沢工業大学では、このデジタルデータを活用し,さらに「賢いバス停」の取組を推進してゆく予定です。

【画像: (リンク ») 】
コミュニティバス「のっティ」




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。