大学進学を考え始める高校生にむけた、学部選びの指南書『ガクブック』改訂版を無料配布開始 -- 東京経済大学

東京経済大学 2018年03月05日

From Digital PR Platform




東京経済大学(東京都国分寺市・堺憲一学長)では、大学・学部選びのガイド『ガクブック』を最新の情報にリニューアルし2月下旬より無料贈呈している。この『ガクブック』は、大学進学を意識し始めた高校生と、その背中を押す保護者や高校の教育現場を対象に2010年7月から無料贈呈をはじめ、今までに約3万冊を全国の高校生や高校に届けてきた。
「なぜ大学に行くのだろう?」「大学での学び方とは?」「どんな学部があるの?」などの疑問について、身近な例を使ってストーリー仕立てで分かりやすく答えているのが特徴だ。




 東京経済大学では、大学進学を意識し始めたものの、大学や学部選びに迷う高校生と保護者、高校の教員などを対象とする、大学・学部選びガイド『ガクブック』を最新情報を盛り込み刷新した。



 『ガクブック』は、常日頃から高校の教育現場や相談会で高校生と接する東京経済大学の広報課・入試課スタッフが、「ホームルームや進路指導で使えるガイドがあればいいのに」とアイデアを出し、2010年7月に誕生した。誕生から7年半、約3万冊の「ガクブック」が進路相談会や高校内での説明会、大学への直接の資料請求等で多くの受験生やその関係者に届けられてきた。
 同書の特徴は、宣伝色をあえて払拭し、イラストや分かりやすい事例紹介を交え進路選択をする高校生の目線でストーリーが展開される点が挙げられる。大学の広告や特色を記したパンフレットや情報誌などの情報があふれる中、「志望校や学部を選ぶ上での基準やヒントが分かりやすく書かれた指南書」として使ってもらうためだ。


 監修したのは、コピーライター出身の関沢英彦(せきざわ・ひでひこ)東京経済大学名誉教授。「ガクブック」発刊から7年半、VRやドローン、AIなど発刊当初はメジャーでなかった科学技術が進歩し、「ガクブック」も時代にあわせてリニューアル。大学入試制度が変わろうとしている中、高校生の進路選択に益々欠かせない存在になりそうだ。


【概要】
『ガクブック』第5版
第一章 大学に行く意味は?
第二章 学部選び物語
第三章 学部選びのチェック&チェック
第四章 学部選びのよくある質問集!


【入手方法】
東京経済大学Webサイトから申込ができ、希望者に無料で送付。
東京経済大学Webサイト: (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
東京経済大学広報課
住所:東京都国分寺市南町1-7-34
TEL:042-328-7724
FAX:042-328-7768
メール:pr@s.tku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東京経済大学の関連情報

東京経済大学

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]