NSGグループが開志専門職大学(仮称)の設置構想を発表 『専門職大学・専門職短期大学進路指導研究ゼミナール』開催

NSGグループ 2018年03月12日

From Digital PR Platform


NSGグループの学校法人新潟総合学院は、平成30年2月26日にホテルイタリア軒(新潟市中央区)にて開催された株式会社さんぽう(東京都渋谷区)主催の新潟県高等学校教員向け『専門職大学・専門職短期大学進路指導研究ゼミナール(新潟県教育員会後援)』において開志専門職大学(仮称)の設置構想を発表した。

専門職大学は昨年の学校教育法の一部改正により制度化された新しい大学です。このゼミナールでは文部科学省高等教育局主任改革官の塩原 誠志様より「専門職大学・専門職短期大学の概要とその目指すもの」について基調講演が行われました。

(リンク »)

基調講演後に学校法人新潟総合学院から新潟市中央区に2020年4月に開学を目指す開志専門職大学(仮称)の設置構想について報告をいたしました。開志専門職大学(仮称)は、理論に裏付けられた豊かな創造力と高度な実践力を身につけ、社会や産業界の変化に自ら対応し、国際的にも活躍できる人材の育成を目的としています。新たな事業を創造する人材を育てる「事業創造学部 事業創造学科」、国際的な観光業界の中核を担う人材を育てる「国際観光学部 国際観光学部」、人工知能・IoT等の高度情報社会に強く求められている高度情報技術の専門人材を育てる「ICT高度情報学部 ICT高度情報学科」、アニメ・マンガの発展を担う人材を育てる「アニメ・マンガ学部 アニメ・マンガ学科」で構成されています。入学定員は80名(各学部共通)、総定員1,280名を計画しています。専門職大学制度の特徴となる臨地実務実習(長期企業内実習)では、事業創造分野では「新規商品開発」、国際観光学部では「ホテルでの実務」、ICT高度情報学部では「ビッグデータ解析」、アニメ・マンガ学部では「プロダクションでの制作活動」などを実施する予定です。また全ての学部でデザイン・シンキングを授業に取り入れ課題発見・解決能力とイノベーション、地方創生に貢献できる人材育成を目指します。

【参加教員アンケートより】
「普通科高校の生徒にとっては大きな選択になると感じた」
「直接、文部科学省よりお話を聞けて良かった」
「卒業後、社会で活躍できる人材を育てていただきたいです」
「とても興味がある。どう生徒に勧めるか考えている」 
「生徒にとって良い選択肢となって欲しい」 など

学校法人新潟総合学院
所在地: 新潟市中央区東堀通1-494-3

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
担当部署: 専門職大学設置準備室
担当者名: 渡辺
TEL:: 025-365-1616
FAX: 025-365-1650

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]