FOODEX JAPAN 2018 (国際食料・飲料展) フランスパビリオン出展 食品・酒類・飲料など約65社が参加

2018年3月6日(火)~9日(金) 10時~17時(最終日は16時半終了) 幕張メッセ :ホール 3 C01

在日フランス大使館 貿易投資庁 2018年03月15日

2018年3月6日~9日、幕張メッセにて開催される第43回FOODEX(国際食品・飲料展)に、在日フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランスはフランスパビリオンを出展します。フランスパビリオンには「Made In France, Made With Love」の旗印のもと、約65社が参加します。

食品23社、酒類40社以上が出展
フランスパビリオンには、パン・ベーカリー・パティスリー類、菓子類、畜産品、チーズ等乳製品の4分野を中心に、初出展の16社を含む23社の食品関連企業が出展します。

酒類分野ではボルドー地方をはじめ、アルザス、ブルゴーニュ、ボージョレ、シャンパーニュ、ラングドック・ルシヨン、コート・デュ・ローヌ、シュッド・ウエスト、コニャックなど、フランスの主なワイン・スピリッツ産地から40社以上が出展します。今年新たに設けられた「The French Tasting Room」コーナーでは、テーマ別の試飲会を開催し、フランスワイン・スピリッツの多様性や高い品質を来場者に披露します。

フランス産食品・飲料の対日輸出
日本では、食糧の60%を輸入でまかなっています(2016年、日本の食糧輸入総額は6万5600ドル)。フランスは世界第8位、ヨーロッパ第1位の食品の対日輸出国であり、特にグルメ食品・食材やワインと結びついたエレガントなイメージを持たれています。

フランスの対外輸出の55%は飲料ですが、フランスワインは日本のワイン輸入量の22.3%、価格では52.4%を占めています。日本はアジア最大のチョコレート市場であり、2015年フランスは日本へ2597トンを輸出しました。チョコレートやキャンディー類の輸入量では第4位を占めています。フランスはまた、日本の豚肉市場(日本は世界最大の豚肉輸入国)や国内での消費が大幅に伸びている乳製品市場においても存在感を示しています。さらに、2017年10月より日本ではフランス産の家禽・家禽製品の輸入が解禁となり、両国の貿易が再開されることになりました。

フランスパビリオン出展企業はこちらをご覧ください。


FOODEX JAPAN 2018(国際食料・飲料展)
日時:2018年3月6日(火)~9日(金)10時~17時(最終日は16時半終了)
場所:幕張メッセ  (リンク »)
公式サイト : (リンク »)  
フランスパビリオン:ホール3C 01

このプレスリリースに関するお問い合わせ先
フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 東京事務所 プレス担当
Presse.JP@businessfrance.fr

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

在日フランス大使館 貿易投資庁の関連情報

在日フランス大使館 貿易投資庁

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]