GEM報告:大半の起業家は必要より機会から事業に着手

Global Entrepreneurship Monitor (GEM) 2018年03月19日

From 共同通信PRワイヤー

GEM報告:大半の起業家は必要より機会から事業に着手

AsiaNet 72717 (0496)

【ケープタウン(南アフリカ)2018年3月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*2017/18年のGlobal Entrepreneurship Monitor(GEM)は、世界の起業家水準は安定し機会主導型の起業家が優位を占めると報告

世界の起業家の74%は必要性というより機会を追求して事業に着手した。これは、米国のバブソン大学( (リンク ») )、チリのデサロージョ大学( (リンク ») )、マレーシアのラザック大学( (リンク ») )、Korea Entrepreneurship Foundation(韓国アントレプレナーシップ財団)の後援により2月にリリースされたGlobal Entrepreneurship Monitor(グローバル・アントレプレナーシップ・モニター、GEM)の2017/18年グローバル報告が明らかにした。

(Logo: (リンク ») )

GEMのマイク・ヘリントン事務局長は「アフリカや中南米のような地域では、必要性が大半の起業家を動かしているという誤解が多い。だが、われわれが2017年に調査したほぼすべての国では、機会が圧倒的にありふれた起業家の駆動力になっていることが現実である」と語った。

GEMの2017/18年次調査には、世界人口の68% 、世界のGDP の86% を占める54カ国が参加した。報告は19年連続で世界の起業家に関する最大の単一研究になっている。

Global Entrepreneurship Monitor(GEM)の2017/18年グローバル報告によると:

起業家の必要性と機会の双方を計測する総合起業活動指数(Total Early-Stage Entrepreneurial Activity、TEA)は中南米・カリブ海諸国(LAC)で最も高く、早期起業活動に関わっている労働年齢の成人は5分の1にも満たない。TEAレートは欧州の8%が最も低い。

改善主導の機会を求める起業家はインドを除く各国で支配的だが、経済発展が高水準にある国では概して、高水準の機会主導の起業家と高水準の革新が報告されている(どの起業家が全てあるいは一部の顧客が見たこともなく、提供する競合社がほとんどない新製品を導入しているか、その程度で測定)。地域別では2017/18年のモチベーション指数で北米がトップを占め、必要性主導の起業家に対する改善主導機会の起業家の比率が5.2になっている。アフリカは比率がわずか1.5の最低水準にあり、ほかの地域は欧州3.4、アジア太平洋3.2、LAC 2.2と漸減している。

北米はまた、今後5年間に6人以上の雇用創出を見込む起業家比率が29.5%と最も高い。最低水準の地域はアフリカで、今後5年間に6人以上の雇用を計画する起業家は17%にすぎない。

LACと北米は女性起業家で最高の比率を示した(17%と13%)。これらの2地域は青年起業家でも上位を占めた(17% と14%)。女性、青年起業家の比率が最も低いのは欧州だった(それぞれ6% と7%)。

▽政策展開の強力なてこ
ヘリントン事務局長によると、起業家と革新は依然として、雇用を創出して経済の成長と安定に寄与する重要なてこになっており、GEMのデータは引き続き世界的な政策策定に大きく貢献している。

GEMは、起業家および起業意思のある人々に刺激的な環境を構築するうえで重要な誘因と考えられる12項目の起業家エコシステム要素を追跡している。全体的に、北米は最も有効な起業家フレームワーク条件が整い、アフリカが最も望ましくない状態にある。

起業家環境の変化は一般的に徐々に生じている。しかし、2016、2017両年ともGEMに参加した効率・革新主導国の中で、大半の起業家フレームワーク条件が相対的に横ばいないし微増した事実に好ましい兆しがみられる。効率主導の25カ国では2016年から2017年にかけて、企業家資金、政府および教育条件に小さな改善がみられた。2017年には政府の政策とプログラム、また、学校と卒業後の起業家教育がレーティングを上げている。

国別統計、地域平均の詳細を含む2017/18年GEMグローバル報告のコピーをダウンロードするには以下を参照。
(リンク »)

概要のグラフィクス、ソーシャルメディア・ポストなど追加情報は以下参照。
(リンク »)

▽Global Entrepreneurship Monitor(GEM)について
Global Entrepreneurship Monitor(グローバル・ アントレプレナーシップ・モニター、GEM)( (リンク ») )は1999年、米国のバブソン大学と英国のロンドン大学ビジネススクールのジョイントベンチャーとして発足した。プロジェクトは参加10カ国で始まり、2014年の調査では73カ国に拡大した。GEMは特異な存在で、新規・小規模企業を測定する多くの起業家データセットとは異なり、事業の開始、運営に関する個人の行動を研究している。参加各国のGEM学究チームは専門的な研究プロジェクトのメンバーで、起業家研究に関わる世界有数の著名研究家、機関の集合知識に対するアクセスを提供している。
GEM on Twitter( (リンク ») )を参照。

Global Entrepreneurship Monitorの代理としてRothkoが公表

インタビューのアレンジは以下に連絡を。
Michelle Ford
michelle@rothko.co.za
+27-21-448-9457

ソース:Global Entrepreneurship Monitor (GEM)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]