電通、企業の顧客対応を自動化・高度化する日本語AIサービス「Kiku-Hana」を開発

株式会社電通 2018年03月22日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月22日

株式会社電通

電通、企業の顧客対応を自動化・高度化する日本語AIサービス「Kiku-Hana」を開発

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、AIの活用を社内外で推進する統括プロジェクト「AI MIRAI」の活動の一環として、企業による質疑応答型の顧客対応を自動化・高度化する日本語AIの自然対話サービス「Kiku-Hana(キクハナ)」( (リンク ») )を開発しました。3月22日よりサービス提供を開始します。

従来のAIチャットボットサービス開発の課題は、そのコミュニケーションレベルの精度にありました。Kiku-Hanaでは、自然言語解析や理解、推論などに最適な論理型プログラミング言語AZ-Prologを採用し、これまで難しいとされてきた「日本語の意味」を解析することで、ユーザーが求める人間的な会話、情報提供を可能にしました。

「聞く」部分では、独自の言語処理システムによりユーザーの言葉の真意を把握。「話す」部分には、当社「AIクリエーターズクラブ」との連携により、その真意を踏まえた適切な会話フローの設計力と、当社が培ってきたコミュニケーションデザインやコピーライティングなどの表現力を生かすことで、洗練された会話やキャラクター付けされた返答を実現します。

 具体的には、以下に例示する機能を備えており、多様な日本語の言い回しに対応するための学習用質問文例数が少なくても適切に返事をすることが可能です。さらに、企業のデータベースや外部情報との連携による返事も可能で、キャラクターを活用したチャットボットやコールセンターでのユーザーとの会話、AIスピーカー、コネクテッドカーや家庭用ロボットなど、さまざまなシーンでの自動対応によるコミュニケーションを可能にします。
今後も当社は、Kiku-Hanaを活用したサービス開発を進化させ、企業課題である顧客対応の自動化・高度化に貢献してまいります。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]