ティッセンクルップが中国に高速テストタワーをオープン

thyssenkrupp Elevator AG 2018年03月23日

From 共同通信PRワイヤー

ティッセンクルップが中国に高速テストタワーをオープン

AsiaNet 72744 (0500)

【エッセン(ドイツ)、中山(中国)2018年3月23日PR Newswire=共同通信JBN】世界的メーカーのティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator)は23日、中山市で最新の工場とテストタワーのオープニングセレモニーを開催し、同社のイノベーションへの希望の中で新しい重要な節目を刻んだ。

(Photo: (リンク ») )

(Photo: (リンク ») )

オープニングセレモニーでは、テストタワーが人気をさらった。高さ248メートル(地上31階)に達する同タワーは、世界で最も高いテストタワーの1つであり、エレベーター・イノベーションにおける同社のリーダーシップの強さのシンボルとなる。

13のシャフトを有するテストタワーは、新しいコンセプトや、秒速最大18メートルに達する新しい高速エレベーター並びに世界初のロープレス・エレベーターシステムであるMULTIを含む製品パイロットをテストするために使用することができる。

ティッセンクルップは既に本社のあるドイツにテストタワーを持っており、同タワーは昨年10月に落成した。

ティッセンクルップ・エレベーターのアンドレアス・シーレンベック最高経営責任者(CEO)は「顧客の近くにいることは常に当社の希望であり、このテストプロセスは、人々が本当に望み、必要とするものに合わせて当社が動けるようにするのに重要である。中国は、年間50万基も設置され、営業活動する上でエキサイティングな地域であり、それゆえに当社初の国際的なテストタワーをそこに建設することは当然の選択であった」と語った。

▽ティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator)について
2016/2017会計年度の売上高が77億ユーロに上り、150カ国に顧客を持つティッセンクルップ・エレベーター(thyssenkrupp Elevator)は、ティッセンクルップの独自のエンジニアリング能力を利用し、わずか40年でゼロから世界有数のエレベーター会社の1つとしての地位を築いた。5万人以上の高度な技術を持つ従業員を擁する同社は、顧客の要求を満たすように設計された画期的な製品とサービスを提供する。製品ラインにはエレベーター、エスカレーター、動く歩道、旅客搭乗ブリッジ、階段昇降機、並びにオーダーメードのサービスソリューションがある。

報道用画像:
(リンク »)

Jasmin Fischer
Head of Media Relations
jasmin.fischer@thyssenkrupp.com
(リンク »)
+49-201-8440

ソース:thyssenkrupp Elevator AG

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]