水処理システムをIoT化するオールインワンパッケージ「HARPS」を4月1日に発売 ~ 浄水器のフィルター寿命監視に加え、各種センサーに対応したサービスを提供予定 ~

株式会社アプリックス 2018年03月26日

From DreamNews

IoT(Internet of Things)製品向けソリューションの開発を手掛ける株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役 兼 取締役社長:長橋賢吾、以下「アプリックス」)は、アメリカとヨーロッパで、2018年4月1日から「HARPS(ハープス)」の販売を開始します。日本での発売は2018年夏を予定しています。「HARPS」は、水処理システムに関する情報を、インターネット経由でモニタリング可能にするためのパッケージ製品です。今後は国内外の浄水器メーカー、飲食店、住宅設備メーカーといった浄水器を扱う法人、および水を使う機械、工場、施設などを販売・所有している法人に対して「HARPS」を提案していきます。

<「HARPS」の特長>
「HARPS」には、センサーの情報をインターネットに発信するための装置(センサーゲートウェイ)、スマホアプリ、専用のクラウドサービスなどが含まれています。
パッケージに含まれる装置やセンサーを水処理システムに取り付けるだけで、専用クラウドサービスを使用して水処理システムのモニタリングを開始できます。IoTに関する専門知識、水処理システムの工事や改造、新たな開発作業はいずれも不要です。

上:HARPS構成イメージ

<「HARPS」が提供するサービス>
以下のサービスを4月1日から提供します。
■流量と時間監視
  流量センサーを接続し、浄水器のフィルターの使用状況や交換時期を監視するほか、
  水の使用量を一定時間ごとに記録します。
■カスタマイズ
  さまざまな種類の流量センサーへの対応など、「HARPS」パッケージのカスタマイズをアプリックスが行います。

<「HARPS」が将来提供予定のサービス>
「HARPS」のモニター版をご利用いただいた企業※1から、流量センサー以外にも対応してほしいというご要望を多くいただいたため、現在「HARPS」を、水処理システム全般に適用可能な製品として機能強化中です。
今後は以下のような、水に関するさまざまなセンサーに対応したサービスを提供予定です。

■RO膜性能監視
  簡易TDSセンサー(水に溶けている電解物質の除去率を測定するセンサー)に接続し、
  RO膜(逆浸透膜)の交換時期を監視します。
■漏水監視
  漏水センサーに接続し、水漏れを監視します。
■温度監視
  温度センサーに接続し、水温を監視します。
■水圧監視
  圧力センサーに接続し、水圧を監視します。
■CO2量監視
  炭酸水の製造に使う炭酸ボンベの残量を監視します。

今後アプリックスは「HARPS」のサービスラインナップを拡充するとともに、「HARPS」のカスタマイズなどの受託開発も積極的に行い、お客様のニーズに合わせたきめ細かいIoT化支援を行っていきます。

<「HARPS」提供物>
■ センサーゲートウェイ「IoTIZR(アイオータイザー)」


各種センサーに接続し、無線LANまたはBluetooth(R) Low Energy経由で情報を発信する小型の装置です。
電源:micro USB B(レセプタクル)500mA以上
サイズ:L85mm * W50mm * H15mm (標準値)
重さ:45g (標準値)
付属品:流量センサー、USB ACアダプター
(付属品以外の流量センサーをご利用の場合はお問い合わせください)

■ スマホアプリ「HARPS Toolkit」

iOS及びAndroid用のアプリケーションです。
「IoTIZR」のセットアップで使用するほか、モバイル顧客リストとして使用することもできます。動作仕様などは、以下をご覧ください。
[iOS] (リンク »)
[Android] (リンク »)

■ クラウドサービス「HARPS Dashboard」

顧客情報と水処理システムの状態を管理するためのWEBサービスです。
4月1日現在、流量と時間監視のサービスを提供していますが、今後はさまざまなセンサーに対応した、お客様が購入してすぐに使えるサービスを提供予定です。
※画面はハメコミ合成です。

<「HARPS」の展示・デモ>
2018年3月26日(月)~29日(木)に米国で開催される「2018 WQA Convention & Exposition」で、「HARPS」の展示・デモを行います。詳細は3月26日付プレスリリース「米国水質協会主催の展示会「2018 WQA Convention & Exposition」に出展」をご覧ください。

<「HARPS」に関する詳細及びお問い合わせ先>
「HARPS」に関する詳細や「IoTIZR」の詳しい仕様などは、HARPS Webサイト( (リンク ») )をご覧ください。
「HARPS」に関するご質問やご購入相談は、「お問い合わせ( (リンク ») )」からお送りください。

※1 2017年10月27日付プレスリリース「浄水器につなぐだけでIoT化できるオールインワンパッケージ「HARPS Aqua」を開発 ~ 「Aquatech Amsterdam 2017」でモニター版を無料配布 ~( (リンク ») )」参照。


以上

■ 株式会社アプリックスについて
アプリックスの使命は「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」です。携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開いた「JBlend」に続き、開拓中の分野が、IoT(Internet of Things)です。当社ではIoTモジュール(ビーコン)、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供することで、家電製品等のIoT化を推し進め、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトの実現を目指しております。
アプリックスのwebsite(投資家情報等): (リンク »)
アプリックスのテクノロジー事業: (リンク »)

■ お問い合わせ先:
お問い合わせのページ: (リンク »)

※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アプリックスの関連情報

株式会社アプリックス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]