慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科主催「KMD FORUM 2018」に出展。「groma(グローマ)AprilTagソリューション for SDM」によるARを使った音の定位変化デモを体験可能

株式会社アプリックス 2018年11月01日

From DreamNews

IoT(Internet of Things)製品向けソリューションの開発を手掛けるアプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役兼取締役社長:長橋賢吾、以下「アプリックス」)は、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が2018年11月2日(金)から開催する「KMD FORUM 2018」のSoftware Defined Media(SDM)ブースに、「groma(グローマ) AprilTagソリューション for SDM」を出展します。SDMブースでは、AR(Augmented Reality:拡張現実)を使って音の定位(空間的位置)を変化させるデモを行います。来場された方はこのデモを実際に体験していただくことが可能です。

<展示の背景>
アプリックスでは現在、屋内測位/位置情報システム市場向けソリューション「groma」の研究開発を鋭意進めています。自社で研究開発を行う一方、屋内測位システムや屋内電子地図情報などを提供する企業、大学などの研究機関、および各種ITサービスを提供する企業とのアライアンスを強化しています。
その一環でアプリックスは今年から、オブジェクト志向のデジタルメディアや視聴空間サービスのソフトウェア制御などの研究を行っているSoftware Defined Mediaワーキンググループ(以下「SDM-WG」)に参加しています※1。KMDはアプリックスと同様にSDM-WGのメンバーです。

<「groma AprilTagソリューション for SDM」について>
アプリックスが「groma」の第1弾として2018年6月に発表した技術※2が、「groma AprilTagソリューション for SDM」です。
「groma AprilTagソリューション for SDM」では、SDM-WGメンバー企業によって構成された立体音響再生システムに、アプリックスの位置情報検知ソリューションを組み込んでいます。またARマーカーには、3次元空間上の位置や姿勢を、画像から正確に計算できる「AprilTag※3」を利用しています。
「KMD FORUM 2018」では、ARマーカーを6面に貼り付けた立方体(下写真)を使い、立体音響再生システムにおいて再生される音の定位が、立方体の動きに応じて変わるデモを体験できます。



(「groma AprilTagソリューション for SDM」デモで使用する立方体)

<展示ブースについて>
イベント名称:
 KMD FORUM 2018
日時:
 2018年11月2日(金)10:00(10:00 オープニングセッション、展示など12:00-)~18:00
 2018年11月3日(土)10:00~18:00
 ※デモが体験できる時間は、11月2日(金)は12:00~17:30、11月3日(土)は10:00~18:00です。
会場:
 慶應義塾大学日吉キャンパス協生館(横浜市港北区日吉4-1-1)
イベント詳細:
 KMD FORUM 2018開催のお知らせ:
  (リンク »)
ブース名称:
 SDMブース(WANDERING CITY & TALK SESSIONエリア内)

<「KMD FORUM 2018」について>
イノベーションを自ら生み出し社会に向けて価値を創出する能力を持つ「メディア・イノベータ」の育成をミッションとしているKMDが、各年度に1回、リアルプロジェクトの研究成果を、対外的に発表する場として設けているイベントです。シンポジウム、ワークショップ、インタラクティブデモなどのプログラムが提供されています。
「KMD FORUM 2018」では設立10年を記念して、Journey(ジャーニー、旅)をテーマとしてKMDの10年間の軌跡、様々なプロジェクトの軌跡、学生や修了生の軌跡を旅に喩えて展示、トークショー、ワークショップが行われます。また、KMDの次の10年のジャーニー計画について発表されます。
[KMD Webサイト] (リンク »)


※1 SDM-WG: 広域にわたる大規模な分散コンピューティング環境を構築する技術の確立等を目的として活動している「WIDEプロジェクト」のワーキンググループの1つ。オブジェクト志向のデジタルメディアや視聴空間サービスのソフトウェア制御などの研究を行っている。アプリックスはWIDEプロジェクトとSDMに参加している。詳細は5月31日付プレスリリース「産官学共同の研究プロジェクト「WIDEプロジェクト」に参加 ~ 「WIDEプロジェクト」のワーキンググループ「SDM」についても併せて参加 ~( (リンク ») )」参照。
[SDM Webサイト] (リンク »)

※2 詳細は6月11日付プレスリリース「屋内測位/位置情報システム市場向けソリューション「groma(仮称)」発表 ~ 第1弾「groma AprilTagソリューション for SDM」をInterop Tokyo 2018に参考出展 ~( (リンク ») )」参照。

※3 AprilTag: アメリカ ミシガン大学の AprilTags Visual Fiducial System プロジェクトで開発された座標基準マーカー。普通のプリンタで印刷したARマーカーの3次元空間上の位置や姿勢を、画像から正確に計算することができる。
[AprilTag Webサイト] (リンク »)

以上


■株式会社アプリックスについて
アプリックスの使命は「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」です。携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開いた「JBlend」に続き、開拓中の分野が、IoTです。当社ではIoTモジュール(ビーコン)、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供することで、家電製品等のIoT化を推し進め、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトの実現を目指しております。
アプリックスのwebsite(投資家情報等): (リンク »)
アプリックスのテクノロジー事業: (リンク »)

■お問い合わせ先:
お問い合わせのページ: (リンク »)

※記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]