明星高等学校1年生が世界トップクラスの大学との交流を通して未来の希望を切り開く -- 将来のキャリアを見据えた海外研修「ボストン リーダーシッププログラム」

大学プレスセンター 2018年03月28日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



明星中学校・高等学校(東京都府中市)は3月15日~25日の日程で、高校1年生のMGSクラス(特進クラス)の希望者を対象として、海外研修「ボストン リーダーシッププログラム」を実施した。このプログラムは、MGSクラスの「高い志と高い学力を身につけ、グローバル時代に活躍するリーダー的人材を育成する」という目標を具現化するための体験学習として設定されたもの。生徒達はハーバード大学とMIT(マサチューセッツ工科大学)を訪問するなどし、世界への視野を広げる機会とした。




 「ボストン リーダーシッププログラム」初年度となる今年は、約30名が参加。積極的に世界を体験しようとする意気込みが感じられた。
 生徒達は、現地の高校での授業体験や、ハーバード大学やMITでの日本人留学生・現地学生との交流、ボストン市内、ニューヨーク市内、国連本部や9.11ミュージアムの見学研修などを行った。また、3日目からはそれぞれのホームステイ先で海外の生活を体験した。現地の大学では、学部や学習に対する姿勢を聞くうちに、将来に対する意識、意欲が高まったとの感想も得られた。

 同校では、中学・高校それぞれで、年代に合わせた「キャリア教育プログラム」を実施しており、今回の研修もその一環。早い時期から本物に触れる体験をする中で、向学心や将来の目標を持ち、その後の進路選択や職業選択にもつながる意識を涵養することが狙いとなる。
 高校生にとって進路選択は大きな課題だが、偏差値だけで決めるのではなく、将来につながる学びを選択してほしいとの意識から、長い目で見た「キャリア教育」を行っていきたいと考えている。

※明星中学校・高等学校のクラス編成
  (リンク »)

・高1「MGSボストンリーダーシッププログラム(現地からの報告)」
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
(取材に関するお問い合わせ)
 明星学苑 府中校 教育支援室
 広報担当 042-368-5149
(プログラムの内容に関するお問い合わせ)
 明星中学校・高等学校
 進路指導室 藤井 泉浩 042-368-5904


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]