新日鉄住金 超ハイテン鋼板の供給体制を強化 ~君津製鉄所にCGL新設~

新日鐵住金株式会社 2018年04月17日

From Digital PR Platform


(リンク »)
新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、超ハイテン鋼板(*1)の供給体制を強化するため、君津製鉄所(千葉県君津市)に溶融亜鉛めっき設備(以下、CGL)を新設します。新CGLは、強度1.5GPa級(*2)の超ハイテン鋼板の製造が可能で、生産能力は月産33千トン、2020年度第2四半期の生産開始を目指します。

自動車業界においては、世界的に環境規制強化と衝突安全基準の厳格化が進み、車体の軽量化・高強度化ニーズの高まりから、各自動車メーカーでの超ハイテン適用が増加しており、今後も需要拡大が見込まれます。また、今後、普及が見込まれる電気自動車などの電動車においても、走行距離やバッテリー重量の問題により、車体軽量化のニーズが一層高まるものと考えられます。こうした中、新日鉄住金は、車体の軽量化・高強度化を実現する超ハイテン鋼板のニーズ拡大に対応するため、超ハイテン鋼板の供給体制を強化することとしました。

本施策は、鉄のポテンシャルを最大限引き出す「鉄を極める」取り組みの一環であり、新日鉄住金は超ハイテンなどの高機能素材とソリューション技術の提供により、お客様の価値創造に貢献していきます。

尚、本施策にあわせ、君津製鉄所4CGLを休止します。

<新CGLの概要>
生産品種 : 溶融亜鉛めっき鋼板、及び、合金化溶融亜鉛めっき鋼板
生産能力 : 33千トン/月
稼働開始 : 2020年度第2四半期(予定)


(*1)超ハイテン鋼板 : ハイテンはHigh Tensile Strength Steel(高張力鋼)の略称。引張り強さが
            1.0GPa以上ある鋼板を超ハイテン鋼板という。
(*2)GPa(ギガパスカル) : パスカルは引張り強さや圧力の単位。引張り強さ1.5GPaのハイテンは
               1平方ミリメートルあたり150kgの力が加わるまで破断しない。


(お問い合わせ先) 広報センター TEL:03-6867-2135、2146、2977、3419
以 上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]