編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

前京都府知事の山田 啓二氏が京都産業大学法学部教授に就任

京都産業大学

From: Digital PR Platform

2018-04-17 20:05




京都産業大学法学部教授に、京都府知事として16年間にわたり活躍された山田啓二氏が就任し、4月16日に辞令交付式を執り行った。辞令交付式では、柿野欽吾理事長から本学法学部教授就任の辞令、大城 光正学長から学長補佐就任の辞令が手渡された。




京都府知事として16年間にわたり活躍された山田啓二氏が本学法学部教授に就任し、4月16日に辞令交付式を執り行った。式では、柿野欽吾理事長から本学法学部教授就任の辞令を、大城 光正学長からは学長補佐就任の辞令が手渡された。
式後の記者会見では、大城学長が山田教授就任の経緯や今後の展望を説明し、山田教授が就任の挨拶を行った。2018年度春学期は、法学部や全学共通教育の科目で、リレー形式の授業のゲスト講師を担当し、秋学期から法学部法政策学科に新設した「地域公共コース」の授業や、自由演習(ゼミ)、公務員志望者が受講するファンダメンタルセミナー等を担当する予定。

<大城 光正 学長コメント>
本学は、京都の地に全ての大学機能を置きつつ、様々な地域と連携協定を締結し、地域と大学が協働して地方創生に取り組む「域学連携」を重要な教学上の施策の一つに考えてきた。山田先生には、4期16年におよぶ京都府知事のご経験を含めたこれまでの幅広い見識から、これからの未来の共生社会を創造していく学生の育成に注力していただきたいと切に願っている。

<山田 啓二 教授コメント>
16年間知事を務めてきた経験を生かして、大学のまち京都で経験の若い世代に伝え人材を育成したいと思っていた。京都産業大学はしっかりと地域と連携を進めている大学であり、十分に私の経験を生かせると感じた。大学からは、法政策・地域政策における実務経験者としての知識と経験を生かして、次の世代の育成を期待されていると思うので、京都、その他の地域と連携し、学生を育てていきたい。




むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学





関連リンク
・前京都府知事の山田 啓二氏が法学部教授に就任
(リンク »)
・法政策学科「地域公共コース」(PDF)
(リンク »)
・京都産業大学法学部法政策学科
(リンク »)




▼本件に関する問い合わせ先
京都産業大学 広報部
住所:〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL:075-705-1411
FAX:075-705-1987
メール:kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]