Suningがミラノデザインウィークでデザイン、技術、リテールの交流を実現

Suning 2018年04月20日

From 共同通信PRワイヤー

Suningがミラノデザインウィークでデザイン、技術、リテールの交流を実現

AsiaNet 73153 (0694)

【ミラノ(イタリア)2018年4月19日PR Newswire=共同通信JBN】中国最大級の商業企業Suning Holdings Groupは19日、ミラノデザインウィーク(Milan Design Week)で、伝説的なイタリアのサッカークラブ、インテルナツィオナーレ・ミラノ(インテル)とともに、デザイン、技術、リテールの交流を実現するユニークなインスタレーションを発表した。これは同社が国際的なデザインコミュニティーとの関係を構築することを目指しているためである。

マルチメディア向けリリースの全容は次を参照。
(リンク »)

Video - (リンク »)  
(「Innovative Passion(革新的情熱)」展示は、インテルのロゴのインスタレーションアートと、独自のビジュアルおよび没入型体験を創造するためのAIと顔認証など最先端のスマートリテール・イノベーションを特集している)

Video - (リンク »)
(Suning International副社長でインテルナツィオナーレ・ミラノの役員を務めるスティーブン・チャン氏がミラノデザインウィークでSuningとインテルの出席者を紹介)

Photo - (リンク »)
(Suningが今年のミラノデザインウィークに「ベターライフ」の革新的体験を紹介)

Photo - (リンク »)
(「Colors of Passion」インスタレーションはインテルの独自ブランドIDを象徴)

Photo - (リンク »)
(SuningのMagic Mirrorを通じてインテルのジャージを着てみるのも面白いだろう)

Photo - (リンク »)
(Suningの Emotional Wallはインテリジェントな音声制御システムにより皆の注目を引いている)

この「Innovative Passion」展示会は、インテル・ロゴのインスタレーションアートである「Colours of Passion」と独自のビジュアルおよび没入型体験を創造するための人工知能(AI)や顔認証を含む最先端のスマートリテール・イノベーションを特集している。展示スペースでは、Suningの「Magic Mirror」が入場者に仮想の衣装やアクセサリーをフィーチャーしたカスタマイズされたアバターの鏡映像を提供し、また「Emotional Wall」が、Suningの「Biu」AIシステムにより自宅が、生活様式が一新されたとよく理解できるような家に転換されることを実演して見せる。

4月17-22日開催の世界で最も重要なデザイン・イベントの1つであるミラノデザインウィークへのSuningのデビューは、スタイルにもっとお金を使いたいと望む新世代の中国の消費者によるデザイン重視を反映している。人々が将来、生活し、ショッピングする方法に関するコンセプトを明らかにすると同時に、Suningは革新的な考え方や文化的な洞察をデザイン業界と交換するためにこのイタリアの都市に来ている。

Suning International副社長でインテルナツィオナーレ・ミラノの取締役会メンバーであるスティーブン・チャン氏は「われわれはミラノデザインウィークを、国際デザインコミュニティーとウィンウィンのシナリオで関わるためのプラットフォームとみている。Suningは、ブランドと消費者のためのスマートリテール時代の到来を告げるインテリジェントで革新的なショッピング体験を創造したが、それはデザイン業界にとっても利益となるだろう。しかし、消費に関してはデザイン分野からの洞察もあるだろう。そしてわれわれがお互いにさらに多くのことを学ぶ刺激的な機会があるだろう」と述べた。

デザイン分野での国際的な協力を促進することにより、Suningは製品開発の向上のため世界のデザイン大手企業と協力していくことを期待している。それは収益性の高い中国市場へのアクセスを求めているより多くの海外ブランドと取引をしていくことを目指しているからだ。Suningはまた、次世代の人材のためにより多くの機会を創造することを目指している。今週ミラノで、この中国企業は地元のデザインカレッジとの長期協力を模索し、学生たちを同社の「Innovative Passion(革新的情熱)」スペースに招待し、相互交流に参加させ、洞察を共有している。

Suningはそのフォーチュン・グローバル500社リストに入っているリテール会社Suning.comなど多様な業界にわたりオンラインツーオフライン(O2O)スマートリテール・エコシステムを通じて技術革新を先導してきた。同社によると、ビッグデータ、人工知能(AI)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)は今後遍在し、消費者体験を向上させるだけでなく、メーカーやデザイナーが市場で好評を博するような製品をデザインすることにより、進化する消費者の要求や需要に対応するのをサポートことになろう。

スティーブ・チャン氏は「より良い、よりスタイリッシュな生活を求める消費者の進化した需要を受けて、Suningは世界の大手デザイン企業との間で、当社のオンライン、オフライン両方のスマートリテールの利点を共有することにより、より深い協力関係を構築する意向である」と付け加えた。

スマートリテール戦略に基づき、Suningは消費者体験を強化するための数多くの革新的なビジネスプラクティスを開発してきた。Suningの無人の「Biu」店舗は、顔認証と無線ID(RFID)およびビッグデータ分析を活用しており、既に中国の消費者にインテリジェントで簡単なショッピング体験を提供している。

ビッグデータ検索で得られた消費者の知見に基づいて作られた新しいO2Oリテール・フォーマットの1つであるSuning JIWUは、オリジナルなデザイン、ライフエッセンシャル、カフェ、創造的な相互交流など包括的なショッピング体験を提供し、より活動的な態度や洗練されたライフスタイルを重視する新世代の消費者とつながりを持っている。これらはまた、Suningがさまざまなビジネスや業界の将来の発展を推進するためのオムニチャネルのソリューションを提供することを可能にする。

▽Suningについて
1990年に創設されたSuningは中国の主要な商業企業の1つで、それぞれ中国と日本に上場企業がある。Suning Holdingは2017年、中国の民間企業トップ500社の2位にランクされ、年間売上高は657億米ドル(4129億5000万人民元)。「すべての人のために一流の質の生活を創造することにより、業界全体のエコシステムを主導する」との使命を持って、SuningはSuning.com、Logistics、Financial Services、Technology、Real Estate、Media &Entertainment、Sports、Investmentの8つの垂直事業を通じてコアビジネスを強化、拡大している。このうちSuning.comは、2017年フォーチュン・グローバル500社リストに入った。

詳細情報は、www.suningholdings.comを参照。

ソース:Suning

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]