自動チューニングの独占的ライセンサーTronicalがGibson Brandsへの係争額5000万米ドルに

Tronical 2018年04月25日

From 共同通信PRワイヤー

自動チューニングの独占的ライセンサーTronicalがGibson Brandsへの係争額5000万米ドルに

AsiaNet 73200 (0706)

【ハンブルク(ドイツ)2018年4月24日PR Newswire=共同通信JBN】特許権を有するギター用Auto Tuning Systems(オートチューニング・システム)の開発・製造で世界をリードするTronical GmbH(以下、Tronicalと表記)は24日、Gibson Brands(以下、Gibsonと表記)が「G-Force」の名前で市販しているギター用Auto Tuning Systemsについて、2017年12月以降、ハンブルク州裁判所で係争中のGibsonに対する訴訟の係争額を5000万米ドルに引き上げると発表した。

(Logo - (リンク ») )

2005年からハンブルクを拠点としているTronicalは、オートマチックチューニングの比類なきパイオニアである。ギター初心者の90%以上が最初の3カ月で挫折するが、これは楽器のチューニングで非常に大きな問題を経験するからだ。新製品Powertune System( (リンク ») )は、ほぼすべてのギターに難なく装着でき、工場でPowertune Systemを装着したものを購入することもできる。 (リンク »)

ギターは、Bluetoothを介してPowertuneと無線接続される無料アプリを使って、たちまち自動チューニングされる。

各PowerHeadはサーボモーター・ドライブを内蔵、弦を自動的に調律する。加えて、Powertuneアプリは、ギタリストが最短の時間で最初の音符を自分で演奏できるように、インタラクティブなサポートをしてくれる。この技術は非常に画期的であり、ラスベガスのエレクトロニクスショー(CES)で、念願の「Best of Show」 Cherry Picks Awardを獲得した。

▽報道向け問い合わせ先
Tronical
Chris Adams
chris.adams@tronical.com
Tel.: +49-172-4914100

ソース:Tronical

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]