エイジア、SMSの次世代規格「+メッセージ」のサービス開始に伴い“SMSの本格マーケティング活用”へ向けてAOSモバイルと業務提携

株式会社エイジア 2018年05月09日

From DreamNews

インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証一部上場:証券コード2352、以下 当社)と、モバイルソリューション製品を開発・販売するAOSモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田典子、以下 AOSモバイル)は、SMS(ショートメッセージサービス)※1の次世代規格「+メッセージ(プラスメッセージ)」に対応し、SMSのマーケティング活用を推進する目的で、両社製品連携を視野に業務提携を行うことで合意いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.背景
本日2018年5月9日より、大手携帯会社3社(NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク)は、SMSの新規格「+メッセージ」サービスの提供を開始しました。「+メッセージ」は、携帯電話に全角70字までの短文テキストを送信できるSMSを拡張したサービスです。「+メッセージ」では、テキスト以外にも画像(スタンプや絵文字)、動画、現在地情報などを送ることができるようになったほか、文字数制限が全角で最大70字から2,730文字まで大幅に拡張されました。「+メッセージ」は、まず各携帯キャリアともに個人間のメッセージ送信サービスとして提供されます。

一方SMSは、個人間のメッセージ送信だけでなく、法人から消費者へのメッセージ送信にも活用されています。この市場はA2P(Application to Person)-SMS市場と称されており、2017年度は約4億通と配信数としてはまだ小さい規模であるものの、その増加率は81.1%と非常に高く、2021年度には約27億通まで急激に増加すると予想されています(ミック経済研究所発表、図1参照)。




メールを中心に、複数のコミュニケーションチャネルを活用したマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズを提供する当社は、2015年5月より企業向けSMS配信サービスを提供しております。しかし、これまで短文しか送信できなかったSMSで、特定電子メール法※2に対応しながら広告メッセージを配信することは事実上困難だったため、SMS配信サービスの用途は、本人認証、業務連絡、督促等に限定されるのが実態でした。しかし今般の「+メッセージ」サービス開始により、これからはSMSのマーケティング活用が可能になるだけでなく、表現力豊かでより効果的なSMSの配信が実現間近となりました。

この状況を鑑み、当社は法人向けSMS配信ソリューションの有力企業との協業を新たに検討した結果、AOSモバイルとの業務提携を締結することといたしました。

AOSモバイルは国内初、主要三大キャリアと直接接続した専用システムから、SMSを一斉配信できる「AOSSMS」を提供しています。メッセージ到達率は99.9%と非常に高い水準を維持しているだけでなく、企業からのメッセージ配信とユーザからのメッセージ受信を実現する「双方向SMS」に関する特許と高性能キャリア判定機能を国内で唯一取得しており、業種問わず多くの企業の課題解決に貢献しています。

当社およびAOSモバイルは、今般の業務提携により、両社のソリューションを連携して双方の顧客に提供するとともに、両社ソリューションの付加価値向上を目指して共同で研究開発を行ってまいります。

※1 SMS(ショートメッセージサービス)
携帯電話でメッセージを送受信できるメッセージングサービス。

※2 特定電子メール法(正式名称「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」)
いわゆる「迷惑メール」を防止することを目的に2002年に施行された法律。広告や宣伝を目的とするメール(SMSを含む)が規制対象となり、オプトイン(メール送信への事前承諾)の取得や送信者情報の表示、オプトアウトの運用などが義務化されている。


2. 業務提携の概要
本業務提携により、両社は以下の取組みを行う予定です。

(1)両社ソリューションの販売
当社が提供している「WEBCAS」シリーズと、AOSモバイルが提供している「AOSSMS」を両社で相互販売いたします。

(2)両社ソリューションの連携
当社の「WEBCAS」シリーズから、「AOSSMS」のSMS配信プラットフォームを通したSMS配信を実現するため、両社のソリューション連携に着手します。これにより、今後「WEBCAS」シリーズでメール配信やLINEでのメッセージ配信に加え、表現力豊かでマーケティング効果の高いSMS配信が可能となります。

3.日程
2018年5月9日
業務提携契約の締結
両社ソリューション販売開始
ソリューション連携の開発着手

4.当事会社の概要
■株式会社エイジア
主な事業内容  CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作
設立  1995年4月
本店所在地  東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル4F
上場証券取引所  東証一部(証券コード:2352)
代表者  代表取締役 美濃 和男
URL   (リンク »)

■AOSモバイル株式会社
主な事業内容  B2Bモバイルコミュニケーションアプリ開発&サービス
設立  2015年3月
本店所在地  東京都港区虎ノ門3-2-2 虎ノ門30森ビル8F
代表者  代表取締役社長 原田 典子
URL   (リンク »)


●本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア 経営企画室 藤田 雅志
TEL : 03-6672-6788(代表) FAX : 03-6672-6805 E-mail : azia_ir@azia.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]