編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

外付けHDD(ハードディスク)のデータ復旧をご依頼いただいた明治大学 教授 田中友章様によるお客様の声を公開|データレスキューセンター

株式会社アラジン

2018-06-18 10:04

データ復旧サービスで業界トップクラスのシェアと実績を誇るデータレスキューセンターは、2TBの外付けHDD(ハードディスク)のデータ復旧をご依頼いただいた明治大学 教授 田中友章様によるお客様の声を公開しました。
データ復旧サービスで業界トップクラスのシェアと実績を誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市 / 代表取締役:長濱 慶直)は、3次元計測技術を活用した敷地計画に関する研究等、建築計画や建築設計の理論・技法の研究や実践を行われている明治大学 理工学部 建築学科 教授 田中友章様から、2TBの外付けHDD(ハードディスク)のデータ復旧をご依頼いただきました。リードエラーが多発し読み取り作業が難航しましたが、約33万ファイル(約1.06TB)のデータ復旧に成功しました。

■明治大学 理工学部 建築学科 教授 田中友章様によるお客様の声(一部抜粋)
「大学のサポートデスクに外付けHDDを確認してもらいましたが、HDDを認識はするもののデータの読み込みが非常に遅く、自分達では対応が難しいとの判断で、データ復旧サービスの利用を検討することになりました。データレスキューセンターさんに問い合わせたところ、対応事例があるとの回答で、電話対応も良かったのですぐに申込み、送付しました。

メールと合わせてお電話でも障害の状況や復旧データに関するご説明がありました。障害の影響でデータ欠損の可能性がある説明も受けておりましたので、リスト確認の際に頭に入れて確認を行えました。メール本文中にもデータの総容量や、データの展開についての注意点等わかりやすく記載されていたと思います。ご提示いただいたデータ復旧可能なリストに関しても、フォルダだけのリスト、ファイル名まで記載されている詳細なリストの2パターンをいただきましたので、必要なデータの選別がはかどりました。

初めてデータ復旧サービスを利用したこともあり最初は心配な部分もありましたが、データレスキューセンターさんは、対応の一つ一つが丁寧で細やかな気配りを感じられました。すでに取り壊してしまった対象物など、二度と計測出来ないデータの多くを復旧していただき、本当に助かりました。」

■明治大学 教授 田中友章様によるお客様の声(全文)
<PCサイト>
(リンク »)
<スマホサイト>
(リンク »)

■お客様の声の一覧
<PCサイト>
(リンク »)
<スマホサイト>
(リンク »)

■プレスリリース
<PCサイト>
(リンク »)
<スマホサイト>
(リンク »)

今後も、障害の発生したHDD(ハードディスク)、SDカード、USBメモリ等のデータ記録媒体からのデータ復旧・復元技術の向上、データ復旧料金の低価格化、スピード向上に取り組んでまいります。

【会社概要】
会社名:株式会社アラジン
サービス名称:データレスキューセンター(商標登録済)
事業内容:データ復旧事業
資本金:5千万円
代表取締役:長濱 慶直
設立:2002年5月
本社住所:福岡県福岡市中央区薬院1−5−6 ハイヒルズビル3階
セキュリティ認証:プライバシーマーク、ISO27001(ISMS)
加盟団体:一般社団法人日本データ復旧協会 常任理事( (リンク ») )
データレスキューセンターPCサイト: (リンク »)
データレスキューセンタースマホサイト: (リンク »)

■本リリースに関するお問い合わせ先
データレスキューセンター
中村 有里
TEL:092-720-6633

このプレスリリースの付帯情報

データレスキューセンター

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アラジンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]