編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

共栄大学が8月2日・3日に「高校生プログラミングスクール」を開催 -- 教育学部の学生らが高校生にわかりやすく指導

共栄大学

From: Digital PR Platform

2018-07-02 08:05




共栄大学(埼玉県春日部市)は8月2日(木)、3日(金)に「高校生プログラミングスクール」を開催する。同大教育学部の学生らがプログラミングやロボット作りなどを指導する。参加費無料、要申し込み、先着20人。




 2020年度に小学校でプログラミング教育が必修になり、2022年度には高校でプログラミングを含む「情報I」が必修化。そして2025年度の大学入学共通テストではプログラミングに関する「情報科目」が導入されるなど、IT・AI人材の育成が求められている。

 こうした中、共栄大学では高校生にプログラミングを体験してもらう目的で「高校生プログラミングスクール」を開催。同大教育学部の学生や起業している卒業生らがわかりやすく指導する。このほか、昇華転写印刷を使ったミニタオル制作やロボット作りなども体験できる。

◆高校生プログラミングスクール
【日 時】8月2日(木)、3日(金) 13:00~17:00
 ※1日だけの参加も可。2日間参加ですべての内容を体験できますが、1日の場合は体験内容は半分になります。
【対 象】高校1~3年生 先着20人
【会 場】共栄大学岡野記念館3階 ITビジネス実践PCルーム
【内 容】
 プログラミングやVR体験のほか、昇華転写オリジナルミニタオル、デザイン缶バッチ、桐製指ロボットなどのモノ作り体験
 ※詳細は添付PDFを参照
【指 導】
 共栄大学発ベンチャー有限会社かいしゃごっこ代表 海老原 武
 卒業生 起業家 合同会社あそびじ代表 藤本 有美
 卒業生 起業家 合同会社アイデアル代表 高嶋 晋平
 有限会社かいしゃごっこ8代目学生社長 深井 玲奈
 共栄大学教育学部 小豆沢 賢也、西尾 城司
【参加費】無料
【申し込み先】
メール:ict@kaisyagokko.com
電話:048-761-5815

(参考)共栄大学発ベンチャー「かいしゃごっこ」 -- 学生が実際に会社を運営、企業や自治体をクライアントに企画・提案・制作までを一貫して実施(2018.03.27)
  (リンク »)  

▼本件に関する問い合わせ先
共栄大学 学務部入試担当
TEL: 048-755-2490
FAX: 048-755-3198


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]