編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「ネイピアの計算盤」「絵が浮かびあがる光触媒の不思議」の2テーマ。高校生を対象に「KIT数理講座」を開催--金沢工業大学

金沢工業大学

From: Digital PR Platform

2018-07-03 14:05




金沢工業大学数理工教育研究センターは、高校生を対象とした「平成30年度KIT数理講座」を7月14日(土)13時から16時30分まで扇が丘キャンパス23号館409教室で開催します。普段とは異なる側面での数理の面白さや、モノづくりにおける数学・理科の重要性を知る機会です。




「KIT数理講座」
7月14日(土) 13:00~16:30


■第1部 ネイピアの計算盤 -格子盤で2進法を実体験しよう-
講師:数理工教育研究センター 上江洲弘明 教授
2進数を知っていますか?2進数はコンピュータを理解する上ではとても重要なものです。コンピュータは、「電気が通った」「電気が通らない」で物事を判断しています。この「通った」、「通らない」を表現しているのが「0」と「1」です。この「0」と「1」を用いて数を表す手法を2進法と呼びます。今からさかのぼること400年前に、スコットランドの数学者ジョン・ネイピアは、著書「ラブドロギア(1617年)」の中で、チェス盤を用いた2進数の計算手法を考案していました。本講座では、コンピュータの基本である2進数を学び、ネイピアの方法で実際に格子盤上で自分で駒を動かして、2進数の計算手法を実体験しましょう。

■第2部 絵が浮かびあがる光触媒の不思議
講師:数理工教育研究センター 堀 晴菜 助教
普段の生活には多くの化学物質が使われています。その中には光のエネルギーによって力を発揮する光触媒があります。その光触媒の効果を利用して、車のサイドミラーの曇り止めなどの便利な製品が皆さんのまわりには数多くあります。また、光触媒の中には、ホワイトチョコレートを白くする着色料として使用されているものもあります。本講座では、光触媒の不思議な現象を、簡単な化学実験を通して体験し、光触媒の面白さに触れてもらいます。一緒に楽しみながら光触媒の不思議を体験してみましょう。



詳細は以下のwebページをご覧ください。
(リンク »)




▼本件に関する問い合わせ先
金沢工業大学 広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]