編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

社会経済学発展学会(Society for the Advancement of Socio-Economics)が日本で初めて開催されました

学校法人同志社 同志社大学

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-03 16:40

2018年7月3日

学校法人同志社 同志社大学

社会経済学発展学会(Society for the Advancement of Socio-Economics)が日本で初めて開催されました

2018年6月22日(金)から25日(月)の4日間、同志社大学今出川キャンパスにおいて社会経済学発展学会(Society for the Advancement of Socio-Economics、以下SASE)が開催されました。
これまで欧州、米国の交互で開催されてきたSASEという社会科学系の巨大学会が、30周年記念大会で初めてアジアで開催することを決定し、欧米以外で初めての大会が京都の同志社大学で開催されました。期間中は約1,000人の参加があり、前年のフランス・リヨン大会の800人を上回る人数が京都に集結しました。グローバル化による不平等に関する問題についてさまざまなアプローチから議論が行われ、参加者同士の研究ネットワークも構築され、非常に有意義な大会となりました。同志社大学での大会の成功は、今後、アジアを学会開催のローテーションに入れることを検討させうる重要な契機になりました。
【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]