編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ミルクのコクが際立つ新たな技術を採用 《「ブレンディ®」スティック》シリーズ 味わいを一新して新登場

味の素AGF株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-05 11:00

2018年7月5日

味の素AGF株式会社

ミルクのコクが際立つ新たな技術を採用 
《「ブレンディ®」スティック》シリーズ 味わいを一新して新登場

味の素AGF株式会社(以下、AGF 代表取締役社長:品田 英明)は、《「ブレンディ®」ス ティック》シリーズを一新し、2018年8月22日(水)より、全国で新発売します。
《「ブレンディ®」スティック》シリーズは、2002年にミックスコーヒーカフェオレを発売して以降、“お湯を注ぐだけで簡単に本格的な味わいが楽しめる”というコンセプトのもと、コーヒー系のみならず抹茶やココアなどカテゴリーラインナップを拡大してきました。現在、《「ブレンディ®」スティック》シリーズは、スティック市場全体で約5割のシェアを占めています※。
このたび発売される《「ブレンディ®」スティック》シリーズは、味の素グループの独自技術を活かし新たに開発した、ミルクのコクが際立つ新クリーミングパウダーを採用。またコーヒー豆をより深煎りの焙煎豆に変更し、これまで以上にコーヒーとミルクのバランスがとれた味わいに仕上げました。
近年の有職女性の増加やライフスタイルの多様化といった生活者の変化に合わせ、一日の始まりである朝のくつろぎ時間をスティックで手軽に楽しむことを訴求した新プロモーションを今秋予定しています。
※ AGF調べ

【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】
        ①                             ②
【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】
        ③                             ④
【画像: (リンク ») 】【画像: (リンク ») 】
        ⑤                             ⑥


1. 商品概要:
【画像: (リンク ») 】
2. 商品特長:
①《「ブレンディ®」スティック カフェオレ》は、コーヒーのコクとクリーミーなミルクが合わさった、リッチな味わいのカフェオレです。
②《「ブレンディ®」スティック カフェオレ カロリーハーフ》は、カフェオレのおいしさはそのままにカロリーを半分にした、コーヒーのコクとクリーミーなミルクが合わさったリッチな味わいのカフェオレです。
③《「ブレンディ®」スティック カフェオレ 大人のほろにが》は、厳選された深煎り豆のコーヒーを使用した、ビタータイプのカフェオレです。
④《「ブレンディ®」スティック エスプレッソ・オレ 微糖》は、エスプレッソタイプのコーヒーを使用し、香りたつコーヒーの風味が楽しめる、微糖タイプのカフェオレです。
⑤《「ブレンディ®」スティック カフェオレ 甘さなし》は、深煎りコーヒーとまろやかなミルクのクリーミーな味わいが楽しめる、甘さなしのカフェオレです。
⑥《「ブレンディ®」スティック カフェオレ やすらぎのカフェインレス》は、カフェインを97%カットし、ミルクと溶け合うコクとやすらぎのカフェインレスカフェオレです。
3. 価格:オープン価格
4. 発売日:2018年8月22日(水)
5. 発売地域:全国
6. 商品に関する一般のお客様からのお問合せ先:お客様相談室 Tel 0120-17-8651



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]