編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

世界初!世界一わかりやすい発酵ソムリエ資格・ベーシック開始!資格コースのお知らせ

一般社団法人日本インバウンド・アテンダント協会

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-10 11:30

2018/07/10

一社)日本インバウンド・アテンダント協会

こんなものがあったのか!?日本のお家芸・・・生物工学。世界的トレンド、発酵食品で、長寿と健康をブランディング!

(リンク ») 【プレスリリース】発酵ソムリエ・ベーシック資

世界初!そんな風に体系づけた資格はひとつもなかった・・・。

発酵ソムリエ・ベーシック資格の誕生です。

地球規模の発酵食品のウンチクやトレンドを語れるようになる画期的な資格の誕生です。この資格を取得したら、発酵ソムリエを名乗っていただけます。

発酵ソムリエ®は、一社)日本インバウンド・アテンダント協会の登録商標です。

皆さんや家族への料理の幅が広がります。周りの方への健康のアドバイスができるようになります。
料理研究家、ワークショップ講師、ブログのライターなど副業・起業のきっかけにしていただくことが可能です。

今回スタートする資格は、ベーシック。

参加者の皆さんへ
基礎となる内容を最初に送られてくるマニュアルで事前に予習しておきましょう。
実際に使われている「酒の発酵 Sake Fermentationカードゲーム」もついてきますので、使い方を学習しておきましょう。
わからなくても大丈夫。四回の講座は、双方向コミュニケーションができる環境です。その場で、聞いていただけます。また、個別にメールでわからなかったことをお問い合わせください。

【画像: (リンク ») 】
すべての講座が終わったら、筆記試験があります。続いて「体験レポート課題」の提出をお願いします。
体験レポート課題は、選択式で2つあります。ひとつは、発酵に因む現場(例、酒蔵見学)などをブログ記事風にレポートしてください。

お問い合わせ
090-5526-0826
youcom27@gmail.com
あるいは、カードゲーム含みイベントを開催していただき、そのイベントをレポートしてください。

こんな方へ
★「食をテーマ」にしたビジネスに役立てたい
★ 家族や友人に健康アドバイスをする根拠を持ちたい
★ 海外のエピソード等、ウンチク&情報のポケットが欲しい

【画像: (リンク ») 】




2018年夏期申し込み
7月5日(木)~8月5日(日)23:00メール到着まで
到着した教材で資格試験日までに予習をお願いします。

【スケジュール】 20:00-21:30 動画アプリ・ズームによる講座
8月8日(水)第一回目「糀・酒の発酵 カードゲーム」
8月15日(水)第二回目「アルコール発酵とトレンド発酵食品」
8月22日(水)第三回「発酵調味料と歴史・文化」
8月29日(水)第四回「珍味・健康食品・コンプライアンス」
参加できないときは、動画の録画をお送りします。

通学を含め9月からは、秋期となります。

スマホあるいはPCがあることが条件になります。お手数では、ございますが準備の関係で事前のお申し込みが必要となります。また、世界の事情をお知らせしますので多少、英単語を使う時があります。

講座及び資格受験費用オンライ世界一わかりやすい発酵ソムリエ・マニュアル・・・1,800円相当
酒の発酵 Sake Fermentation カードゲーム・・・3,800円相当、友の会・会員権・・・5,000円相当を含む様々な特典!
受講生 51,900円→ キャンペーン価格 39,800円(税込)

PayPalでの受付
(リンク »)
振込対応:城南信用金庫→詳細はお問い合わせください!



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]