GSCがオーストラリアによるリスクベースのシロキサン評価の使用を歓迎

Global Silicones Council 2018年07月10日

From 共同通信PRワイヤー

GSCがオーストラリアによるリスクベースのシロキサン評価の使用を歓迎

AsiaNet 74315 (1206)

【ワシントン2018年7月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*規制当局はシリコーンサイエンスの評価に基づく製品規制を提示していない

Global Silicones Council( (リンク ») )(GSC)のメンバーは、D4、D5、D6などのさまざまなシリコーン材料に対する新しいオーストラリアのリスク評価を歓迎する。オーストラリア環境・エネルギー省による評価は「予想される地表水濃度でのこれら化学物質への暴露による水性生物への直接的なリスクは重大ではなさそうである」と結論付けている。それ故、オーストラリアはこれらの材料の使用に関していかなる規制当局による規制も提案していない。

Logo - (リンク »)

GSCのエグゼクティブディレクターのカーラス・トーマス氏は「Global Silicones Councilは、リスクベースの化学物質評価を使用するオーストラリア政府のコミットメントと、これらシリコーン材料は環境へのリスクを及ぼさないとの同政府の結論を支持する。オーストラリアの結論は、シロキサンは規制当局による規制を受ける濃度では環境中に検出されないということのさらなる確証である」と述べた。

オーストラリアの評価は、D3、D4、D5、D6、D7およびシクロメチコンなど一連のシロキサンに焦点を当てた。D4、D5、D6に対するオーストラリアの評価は、これら3つの材料に対するカナダの評価とリスク管理決定と一致しており、科学的証拠の全体を完全には考慮していない欧州連合(EU)規制当局の製品規制を追求する最近の決定とはまったく対照的である。シリコーン業界は、規制当局による安全性評価は科学コミュニティーにおけるコンセンサスと一致する方法で実施されるべきだと主張している。このコンセンサスは、環境中のシロキサンの作用を完全に把握、評価するためには、環境暴露の検討と証拠の重み(WoE)の使用が必要であると長く主張してきたことである。

トーマス氏は「オーストラリアの評価は、既に完了しているカナダのD4、D5、D6に対する規制当局の評価と相まって、これらの物質が安全に使用でき、製品の規制は必要でないということを実証している。われわれは世界中の規制当局に対し、特に従来の伝統的な基準では実際の行動、作用を予測するには不十分だというユニークな属性を持つ化学物質について、証拠の重みを考慮したリスクベースの化学物質評価のモデルとしてオーストラリアとカナダを見習ってほしいと呼びかけたい」と語った。

D4、D5、D6は以下のような分野の世界経済の重要なセグメントに役立つ数千の製品のイノベーションを生み出すユニークな製品性能特性を提供する幅広いシリコーンポリマーを生産するのに使用される重要な構成要素である。主な分野は次の通り。
輸送( (リンク ») 、建築・建設( (リンク ») 、ヘルスケア( (リンク ») )、代替エネルギー技術( (リンク ») )、エレクトロニクス( (リンク ») )。これらの分野ではシリコーンポリマーに代わる満足すべき代替物はほとんど存在しない。

詳細は、 (リンク ») を参照。

Global Silicones Council(GSC)は、世界中のシリコーン製品を製造、販売する企業を代表する非営利の国際組織である。GSCは北米(Silicones Environmental, Health, and Safety Center – SEHSC)、欧州(Silicones Europe – CES)、日本(シリコーン工業会– SIAJ)の3つのRegional Silicone Industry Associations(地域シリコーン産業協会)を通じてすべての主要な世界のメーカーを統合し、協力と連携を促進している。

GSCの目的は、シリコーンの安全な使用とスチュワードシップ(管理監督)を促進することである。この使命を達成するため、GSCは以下の活動を実施する。

*3つのRegional Silicones Industry Associations(RSIAs)の環境、健康、安全活動を監視し、こうした活動をグローバルベースで調整する。
*世界中の規制機関および世界保健機関、経済協力開発機構、国連などの国際的な環境、保健、安全機関と業界とのコミュニケーションを積極的に推進する。
*RSIAsを通じ、シリコーンに関する環境、健康、安全性の研究を強化する機会を特定、予測し、業界の製品スチュワードシップの取り組みを伝えるグローバルプロジェクトに携わる
*RSIAsを通じ、シリコーンの便益と安全性に対する一般の理解を向上させるプロジェクトのスポンサーになる。

ソース:Global Silicones Council

▽問い合わせ先
Karluss Thomas
GSC Executive Director
Email: kthomas@globalsilicones.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]