編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

[新製品] 誰でも簡単に使える勤怠管理システム用タイムレコーダーを2018年9月より発売開始!

株式会社デジジャパン

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-11 09:00

2018年7月11日

株式会社デジジャパン (リンク »)

[新製品] 誰でも簡単に使える勤怠管理システム用タイムレコーダー『タッチオンタイム レコーダー アンド』を2018年9月より発売開始!

開発の背景
働き方改革の浸透により、従業員の勤怠を適正に記録する需要が高まっています。そのため注目されているのが勤怠管理システムです。その勤怠管理システムに打刻情報を登録するためのタイムレコーダーは多数発売されていますが、従来のタイムレコーダーは多少のITスキルを要するものが多く、全ての働く人にとって使いやすいと言いにくいのが実情です。そこで弊社は年齢や国籍、ITスキルを問わず、誰にとっても使いやすいタイムレコーダー「Touch On Time レコーダー And.(タッチオンタイムレコーダー アンド)」を開発しました。

Touch On Time レコーダー And.の概要
本製品は勤怠管理システム『タッチオンタイム』で利用できる独自のタイムレコーダー。どんな環境にも設置でき、誰でも簡単に使えるタイムレコーダーです。スマホのようなタッチパネル式のタイムレコーダ ーなので直感操作が可能。打刻情報はインターネットを通じて勤怠管理システム『タッチオンタイム』に送信され、出退勤時間がリアルタイムで集計されます。本製品をインターネットにつなげるのは有線・無線のどちらでも可能。万が一、インターネット環境がなくても、USBメモリをインターネットに接続しているパソコンにつなげれば、打刻情報が自動で送信されます。
また本製品は3つの打刻方法(指紋・ICカード・ID+パスワード)を自由に組み合わせて打刻できます。指紋打刻なら「ピッ」と指をかざすだけで打刻できる簡単さです。出勤・退勤は設定した時間によって自動で切り替わるので、基本的に画面を操作する必要がありません。

【画像: (リンク ») 】

製品特徴
1.3種の打刻方法を自由に組み合わせて利用できる
本製品は指紋打刻・ICカード打刻・ID+パスワード打刻の3つの打刻方法を組み合わせて利用できます。指紋打刻は不正打刻の防止に、ICカード打刻は手軽な打刻方法に、ID+パスワードはどんなケースでも利用できる打刻方法です。
例えば、デスクワークの多いAさんは指紋打刻、業務上怪我をしやすいBさんは指紋打刻かICカード打刻、Bさんと同じ業務をしているがICカードを持たないCさんは指紋打刻かID+パスワード打刻といったように従業員ごとに打刻方法を個別に設定できます。
【画像: (リンク ») 】

2. パソコンいらずで簡単打刻
本製品は電源に接続するだけで使える簡単なタイムレコーダーです。
勤怠管理システムで利用するタイムレコーダーは、ほとんどがパソコンに接続するタイプです。その場合、打刻時にパソコンの操作を必要とするものが多く、パソコン操作に不慣れな従業員の負担になっていました。
また、パソコンを出入り口付近に設置するのは窃盗や不正利用などの不安が、狭いバックヤードや飲食店などにパソコンを置くのは落下や水はね、油汚れなど耐久性に不安がありました。

本製品はそんな現場の声から生まれたタイムレコーダーです。
【画像: (リンク ») 】

3. 進化するタイムレコーダー
本製品はスマホのように本体システムが自動でバージョンアップされ、使える機能が増えていきます。そのため長く使っていると、どんどん便利になっていく進化するタイムレコーダーです。

2018年秋にはタイムカードの表示機能をリリース予定。今後はお客様のご要望を集めながら機能拡張を行っていきます。

【動画: (リンク ») 】

製品概要
製品名 : Touch On Time レコーダー And.  (タッチオンタイムレコーダー アンド)
外寸  : 150(W) × 37(D) × 180(H)(単位:mm)
重量  : 980g ※ACアダブタは含めません
価格  : 94,800円/1台(税抜き)
最大登録ユーザー数 : 3,000人(指紋情報)、30,000指(10指/人)まで登録可能
データ保存件数   : 15万件の打刻データを保存
打刻方法 : 生体打刻(指紋)/ ICカード打刻(NFC) / 従業員ID+パス ワード打刻
発売日  : 2018年9月1日(土)〜
       ※7月18日より30日間無料貸出のお申込開始
発売地域 : 全国


デモンストレーション
2018年7月11日(水)~13日(金)に東京ビッグサイトで開催される国内最大級の人事業界展示会『総務・人事・経理ワールド2018』内『第6回 HR EXPO』の株式会社デジジャパン ブース内(西館1階 西6-60)にて本製品の実機を展示いたします。(ご希望者には無料招待券をお送りします(通常5000円/1人)。お申込は本件のお問い合わせ先にご連絡ください。)
また勤怠管理システム「タッチオンタイム」の30日間無料お試し期間中に無償でお貸し出しいたします。


勤怠管理システム『タッチオンタイム』について
クラウド勤怠管理システム『タッチオンタイム』は、勤怠管理に特化したクラウド型の勤怠管理システムです。勤怠状況がリアルタイムで集計されるので、残業時間などの「勤怠の見える化」を実現します。また勤怠だけでなく、シフト・スケジュールの管理機能も充実。
業種や企業規模を問わず、様々な業態の勤怠管理に対応でき、実際に使えるかどうかをお試しいただくために30日間の無料お試し期間を設けているので、納得して導入していただけます。

初期費用:0円
月額料金:300円×利用人数

URL: (リンク »)



株式会社デジジャパンについて
本社所在地 :東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場22F
代表者 :代表取締役社長 平井 英幸 
創立  :2000年(平成12年)11月
Webサイト : (リンク »)
主な事業 :株式会社デジジャパンは株式会社寺岡精工グループのIT戦略会社として2000年11月に設立。業種を問わない勤怠管理ビジネスとクリーニング業向け各種クラウドサービスを開発・販売し、ビジネスに新しい価値をもたらすソリューションを提供しています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]