編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

1000万登録ユーザーのカレンダーシェアアプリ「TimeTree」 カレンダー形式でイベント情報を発信できる「公開カレンダー機能」をリリース

株式会社JUBILEE WORKS

From: PR TIMES

2018-07-12 16:01

株式会社JUBILEE WORKS(本社:東京都新宿区、代表取締役:深川 泰斗、以下JUBILEE WORKS)は、スマートフォン向けカレンダーシェアアプリ「TimeTree(タイムツリー)」において2018年7月12日、カレンダー形式でイベント情報を配信できる「手元に届くイベントメディア 公開カレンダー」の提供を開始いたしました。




■カレンダーシェアアプリ「TimeTree」について

TimeTreeは2015年3月24日より提供している、iOS/Android、Web対応のカレンダーアプリです。利用ユーザーの多くはTimeTreeを家族・恋人・友人などのグループで共有し、 日々の予定について相談・計画する場として利用されています。ダウンロード数は1000万に上ります(2018年7月現在)。

[画像1: (リンク ») ]



■公開カレンダー機能 開発の経緯

コンサート情報やセール情報、TV番組情報など、世の中にはたくさんの「日付があるイベント情報」があります。それらは発信者ごとにそれぞれの方法で発信されており、ユーザーは興味あるイベント情報を探すのも一苦労です。またせっかく見つけた情報も他の情報に流されてしまい、いざ当日になってみると忘れてしまうということも多々あります。
TimeTreeの公開カレンダー機能は、カレンダー形式で世界にイベント情報を発信できる機能です。
カレンダーの形式で、ユーザーに伝わりやすくイベント情報を発信することができ、イベント情報をユーザーの予定としてカレンダーに保存しておいてもらうことができます。
ユーザーにカレンダーを登録してもらえば、継続して新しいイベント情報を届けられます。


■公開カレンダー機能の特徴


TimeTreeアカウントがあれば誰でも無料で公開カレンダーを作成できます
公開カレンダーにイベントを作成できます
公開カレンダー、イベントはTimeTreeアプリがなくてもインターネット上で閲覧することができます
公開カレンダー、イベントのURLをTwitterやLINEなどでシェアすることができます
ユーザーがイベントを自分のカレンダーにキープできます
ユーザーが気に入った公開カレンダーを登録して新着情報を受け取れます



■公開カレンダー機能の利用例


お祭りやフリーマーケットなど、地域のイベント情報の発信
アーティストのコンサートやライブ情報の発信
お店のセールやキャンペーン情報の発信
ゲームや漫画、映画などの公開日・発売日の発信
などなど


[画像2: (リンク ») ]


■TimeTreeの特徴
[画像3: (リンク ») ]


■TimeTree詳細(一部抜粋)
[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]