編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【武蔵大学】2019年度の履修・所属確約入試を増設 グローバル教育をより強化 -- 多文化共生の視点をもったグローバル市民を育成 --

武蔵大学

From: Digital PR Platform

2018-07-17 08:05




武蔵大学(東京都練馬区/学長 山嵜哲哉)は、全学部のグローバル教育に特化したプログラム・コースにおいて履修・所属確約入試を実施します。2019年度は新たに、経済学部の「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」の履修を入学前に確約する入試を増設しました。また、人文学部の「グローバル・スタディーズコース(GSC)」、社会学部の「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」でも所属の確約入試を行っています。




 これらの教育プログラムのもと、志向性の高い人材の選抜、教育機会の提供によって、今後もグローバル市民の育成に寄与していきます。
※なお、確約入試以外で入学された方は、入学後の選考において各プログラム等の履修・所属可否が決定します。


【2019年度 履修・所属確約入試】
■経済学部 対象「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」
 日本にいながらロンドン大学と武蔵大学の2つの学士号を取得可能な日本初のプログラムです。
●特別選抜入試 [PDPパスポート型]
●一般方式 全学部統一グローバル型 [数学受験*]
●センター方式 前期日程(経済学科/経営学科)[国語、英語、数学受験*]

■人文学部 対象「グローバル・スタディーズコース(GSC)」
 2回の留学で高度な語学力を身につけ、地球規模の課題に取り組むコースです。
●AO入試 [GSC英語4技能判定方式]→ 英語プログラム
●帰国生徒対象入試 [英語受験*]→ 英語プログラム
●一般方式 全学部統一グローバル型 → 英語プログラム
●センター方式 前期日程 
[ドイツ語受験*]→ ドイツ語プログラム/[フランス語受験*]→ フランス語プログラム
[中国語受験*]→ 中国語プログラム/[韓国語受験*]→ 韓国・朝鮮語プログラム

■社会学部 対象「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」
 ビッグデータから社会現象を読み解くデータサイエンススキルと英語力を磨くコースです。
●AO入試 [将来計画書方式(GDS)]
●一般方式 全学部統一グローバル型
●一般方式 個別学部併願3科目型 [数学受験*]

*ただし、一定の得点以上で合格された方。


▼武蔵大学>入試情報
  (リンク »)
▼武蔵大学>グローバル教育(PDP、GSC、GDS)
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵大学 広報室
齋藤(さいとう)・西(にし)
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3813
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]