誰でもすぐに実践できるペップトークについて、大阪国際大和田中・高校は「魂に火をつける講演家」浦上大輔氏を招いて、7月20日に講演会を開催します

大学プレスセンター 2018年07月17日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



大阪国際大和田中・高等学校(大阪府守口市)は、一般財団法人日本ペップトーク普及協会専務理事の浦上大輔氏を招いて、7月20日に講演会を開きます。午前10:50~12:20まで、奥田メモリアルホールで、中学3年生と高校1、2年生が聴講します。
ペップトークは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますための激励スピーチで、「pep」は元気・活気・活力という意味があります。誰でも・いつでも・どこでも・すぐに・簡単に、実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーションです。




 本学では、世界や日本で活躍する人を招いて話を聞く「ココロの学校」を2014年から企画しており、その一環で、今回は「ペップトーク」について浦上大輔氏よりお話を伺います。
 浦上氏は「ペップトーク」の第一人者岩崎由純氏とともに一般財団法人日本ペップトーク普及協会を2012年に設立し、ご自身も研修・講演会で全国をまわっておられます。昨年は著書『たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク』を出版されました。
 講演会概要は下記の通り。

◆「PEP TALK 浦上大輔氏 講演会」
【日時】7月20日(金) 10:50~12:20
【場所】大阪国際学園奥田メモリアルホール
    (大阪府守口市藤田町6-21-57)
【対象】大阪国際大和田中学3年生、同高校1・2年生
【講師】浦上大輔氏(一般財団法人日本ペップトーク普及協会専務理事)
<プロフィール> 
 一般財団法人日本ペップトーク普及協会専務理事
 一般社団法人日本朝礼協会理事
 チームフロー認定コーチ、トレーナー
 1969年、東京生まれ。スキーが大好きで北海道大学に入学。大学時代からリーダーシップを発揮し、所属するばんけいスキー学校をジュニア検定合格者日本一にする。
 体育教員、病院リハビリ科勤務で健康づくりに携わる。
 2012年、勇気づけのショートスピーチ「ペップトーク」の第一人者である岩崎由純氏とともに一般財団法人日本ペップトーク普及協会を設立。コミュニケーションメソッドを確立し、多数の講師を育成。
 海外に比べ極端に低い日本人の自己肯定感を世界レベルにしよう!自信と誇りを持った日本にしようと、勇気づけの言葉を広めるべく、仲間とともに研修・講演会で全国をまわる。

◇ご参考
・浦上大輔氏ホームページURL: (リンク »)
・一般財団法人日本ペップトーク普及協会ホームページURL: (リンク »)

◇大阪国際大和田中高校ホームページ
  (リンク »)

(発信元:大阪国際学園法人本部事務局 企画・広報室)

▼本件に関する問い合わせ先
大阪国際大和田中・高等学校
企画広報部 
今井亮輔
住所:大阪府守口市藤田町6-21-57
TEL:06-6904-1118(代)


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]