ハイセンスが5376のバックライトゾーンのULED TVを発表

ハイセンス(Hisense) 2018年07月17日

From 共同通信PRワイヤー

ハイセンスが5376のバックライトゾーンのULED TVを発表

AsiaNet 74410 (1243)

【モスクワ2018年7月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*高画質で新記録

2018年のFIFAワールドカップ(2018 Russia FIFA World Cup(TM))の公式スポンサーである中国のハイセンス(Hisense)は7月15日、W杯前夜にモスクワで開かれたグローバルパートナーコンファレンスでハイエンドの主力製品TV U9Dを正式に発表した。初の5376ゾーンのダイナミックなバックライト、世界最高画質のテレビだ。独自に開発された超高画質のULED技術で、ハイセンスは世界のテレビ業界に画質の新たな基準を打ち立てた。

Photo - (リンク »)
(ハイセンスが5376ゾーンULED TVを発表)

過去6年間、ハイセンスは、LEDを基盤とするマルチゾーンダイナミックバックライト制御とHiviewエンジン技術の研究を行い、画像の輝度、コントラスト、グラデーションレベル、暗色の詳細、応答速度を大幅に向上させ、テレビ画質を世界クラス水準へと改良し続けてきた。ハイセンスはこれまで5世代の技術革新を遂げ、テレビの画質を常に最高レベルに引き上げてきた。ハイセンスは「Gold Award for Global Annual Display Technology」を2度授与されている。

Photo - (リンク »)
(ハイセンスの5376 Zone ULED U9D TV)

マー・シャオハン主任サイエンティストは「ディスプレー技術はハイセンスのテクノロジーの中核だ。U9Dの発表は世界の画質分野でリードするハイセンスの地位をさらに確立し、ハイセンスを世界クラスの画像の匠にするだろう」と述べている。

Photo - (リンク »)
(ハイセンスのグローバルパートナーコンファレンス)

▽ハイセンスについて
1969年創業のハイセンス(Hisense)は、中国最初の国家レベルのイノベーション企業の1つで、国家レベルのパイロット研究開発センターの本拠地だ。全国技術センター、デジタルマルチメディア技術研究所、博士研究機関があり、中国の青島、深セン、順徳、北京、米国、欧州に研究開発センターがある。ハイセンスは2つの上場企業(上海証券取引所にHisense Electric Co., Ltd.(600060)、深センと香港の証券取引所にHisense Kelon Electrical Holdings Company Ltd.(000921)を有する。ハイセンスには3つのよく知られた商標(Hisense、Kelon、Ronshen)がある。

ソース:Hisense

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]