編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「日本の地理 滋賀を知る」 eラーニングで新発売(シュビキ)

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)のニュースリリース

特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム

2018-07-18 12:54

報道関係者各位
プレスリリース

2018年7月17日
株式会社シュビキ
===================================
   「日本の地理 滋賀を知る」 eラーニングで新発売
===================================

【「日本の地理 滋賀を知る」eラーニングで新発売】
                                 2018.7.17

株式会社シュビキ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:首尾木義人)は、7月17日、
「日本の地理 滋賀を知る」を、「BISCUE eラーニング」向けに発売致します。

ビジネスパーソンの学び直しが、注目を集めています。中でも、歴史・地理といった
自国を改めて知ることが、実用も兼ねた教養として、人気です。

このような歴史・地理・文化・自然といったものは、どれも影響し合っており、全体を
総合的に見ることで、より理解が増します。

ビジネスパーソンの総合力アップを支援する「BISCUE(ビスキュー)」では、
手軽に学べるリベラルアーツシリーズを、スマホ対応のeラーニングコースとして、
色々提供して参りました。

本作は、当該シリーズの一つとしてリリースされたもので、琵琶湖を始めとする自然や
地形、歴史、文化など色々な角度から、滋賀県を紹介しました。

単体コースとして研修効率化支援サービス「BISCUE TS」のラインアップにできる他、
定額制クラウド型 eラーニング「BISCUE LS」(各スマホ対応)の契約コースに盛り込む
こともできます。

■タイトル
「日本の地理 滋賀を知る」

■目次
1.琵琶湖
2.地勢・自然
3.歴史
4.名所・名物

■対応言語
・日本語

■対応デバイス
・PC、タブレット、スマートフォン

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

(BISCUE eラーニング:ビスキュー・イーラーニング)
(リンク »)
(BISCUE LS:ビスキュー・エルエス)
(リンク »)
(BISCUE TS:ビスキュー・ティーエス)
(リンク »)


【株式会社シュビキの会社概要】
多言語ビジネススキル教材の企画・製作、及びクラウド提供を事業ドメインに、
「BISCUE eラーニング」「BISCUE App」「BISCUE ビジネスDVD」として、
約1,500タイトルを発売・配信中。eラーニング利用企業数は5,500社を超える。
全て自社開発の教材、システムをベースに、様々な人材開発ソリューションと
現場でのパフォーマンスサポートを提供している。

この件についてのお問い合わせは、下記までお願い致します。

株式会社シュビキ
専務取締役 吉田 晴美
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-10-1宮下ビル1・2F
(リンク ») (eラーニング)
(リンク ») (App)
(リンク ») (DVD)
E-mail: info (@) shubiki.co.jp
tel. 03-3208-4276
fax. 03-3208-4288



以上

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■会社概要
名称: 株式会社シュビキ
所在地: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-10-1宮下ビル1・2F
代表者: 代表取締役社長 首尾木義人
URL: (リンク »)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■本件に関するお問い合わせ先
担当 : 専務取締役 吉田晴美
電話番号 : 03-3208-4276
E-mail : info@shubiki.co.jp
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]