創立30周年を記念して聖学院大学とNPO法人さいたまミツバチプロジェクトがコラボ。埼玉県産100%はちみつを使用したカステラが誕生!

聖学院大学 2018年07月18日

From Digital PR Platform




政治経済学科の「まちづくり学」を専攻する学生たち。2011年より毎年「NPO法人さいたまミツバチプロジェクト」による出張授業を受け、地域交流や環境保全を学び、実際に養蜂場へ足を運び採蜜体験をします。大学と同プロジェクトはともに地域に根差した活動を行う中で、30周年を記念して埼玉県で採蜜されたはちみつを使ったカステラを作りました。




聖学院大学(埼玉県上尾市、学長=清水正之)は、2018年度創立30周年を迎えました。

「ミツバチプロジェクト」はミツバチの飼育を通じて、自然の不思議さありがたさを感じながら、地域交流や環境保全を推進するプロジェクトです。全国各地で広がりを見せる中、2011年春に「NPO法人さいたまミツバチプロジェクト」が始まりました。大学と同プロジェクトはともに地域に根差した活動を行う中で、30周年を記念して埼玉県で採蜜されたはちみつを使ったカステラを作りました。

発端は政治経済学科の「まちづくり学」を専攻する学生たち。2011年より毎年「さいたまミツバチプロジェクト」による出張授業を受け、地域交流や環境保全を学び、実際に養蜂場へ足を運び採蜜体験をします。今年は創立30周年ということもあり、「自分たちに何かできることはないか」という想いから、ゼミ生たちでネーミングを出しあいました。その中から選ばれたのがハニーのカステラ、その名も「宮原聖子のハニテラ」です。パッケージの黄色い花はさいたま市北区の花、菜の花。さいたまミツバチの蜂たちは菜の花を食事に蜂蜜をつくっています。「宮原聖子のハニテラ」はその埼玉県産100%のはちみつを使用しています。

7月21日のオープンキャンパスでは来場者の方にお配りする予定です。これからも、聖学院大学と「さいたまミツバチプロジェクト」はともに活動をしていきます。


▼本件に関する問い合わせ先
広報部 広報課
松崎、神吉(かんき)
住所:埼玉県上尾市戸崎1-1
TEL:048-780-1707
FAX:048-725-6891
メール:pr@seigakuin-univ.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]