中国の革新的なアルツハイマー治療法が第3相臨床試験を完了

Shanghai Green Valley Pharmaceutical Co., Ltd 2018年07月20日

From 共同通信PRワイヤー

中国の革新的なアルツハイマー治療法が第3相臨床試験を完了

AsiaNet 74458 (1267)

【上海2018年7月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*Green Valleyは今年、China National Drug Administration(中国国家医薬品監督管理局)に治療の申請を提出する計画である

Shanghai Green Valley Pharmaceutical Co., Ltd.(Green Valley)は19日、 軽度から中等度のアルツハイマー病に関するSodium Oligomannurarate (GV-971) Capsules(ソディウム・オリゴマニュラレート(GV-971)カプセル)の第3相研究が主要評価項目を満たしたと発表した。

中国におけるこの無作為、二重盲検、プラセボ対照臨床試験は、軽度から中等度のアルツハイマー病(ミニ・メンタル・ステート検査の数値で11から26)の臨床試験参加者について、GV-971の安全性と有効性を評価するのが目的である。治療対象群について、被験者は36週にわたって毎日2回、450mgのGV-971の経口投与を受けた。主要評価項目は、プラセボ対照と比べて36週間のGV-971治療後のアルツハイマー病評価尺度(ADAS-cog)の数値が改善する変化が見られた。GV-971の有害事象の発生率については、プラセボ対照と同程度の数値を示し、アミロイド関連画像異常(ARIA)は観察されなかった。

アルツハイマー病は慢性的な神経変性疾患であり、認知機能の進行性消失が特徴である。アルツハイマー病国際会議によると、アルツハイマー病患者は世界に約4800万人おり、高齢者人口の急増により、この数は2050年までに1億3000万人に達する見込みである。

Green Valleyは2018年末に、軽度から中等度までのアルツハイマー病の治療のため、中国国家医薬品監督管理局にGV-971の販売承認申請を行う計画である。

ソース:Shanghai Green Valley Pharmaceutical Co., Ltd

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]