編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「鉄拳プロチャンピオンシップ 3on3」の開催と、インターネット独占生配信が決定!

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

From: PR TIMES

2018-07-20 18:17

プロライセンス選手9名が、賞金を懸けその日限りのチームでバトル!



株式会社バンダイナムコエンターテインメント(東京都港区)は、JeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)が発行する「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」を所持する「鉄拳7」の9選手による、招待制賞金付き大会「鉄拳プロチャンピオンシップ 3on3」を2018年7月29日(日)15時より「e-sports SQUARE AKIHABARA」(東京都千代田区)にて開催し、その模様をインターネット独占生配信することを決定いたしました。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

大会概要ページはこちら⇒  (リンク »)

本大会では、2018年3月に開催された前回大会「鉄拳プロチャンピオンシップ」の上位者3名(ノロマ選手、破壊王選手、ノビ選手)がチームオーナーとなり、自チームのメンバーをドラフトにて決定いたします。3名1組で結成された各チームは、総額150万円以上の「チーム賞金」や、勝利したバトルの内容に応じた「個人賞」を懸けて、団体戦(3on3の総当たり戦)を行います。ドラフトによって決定するその日限りの予測不能なチーム編成や、チームプレイか個人プレイのどちらを優先するかといったチームメンバー同士のやりとりなど、シングルトーナメント戦では見られない選手の個性に焦点を当てた内容となる本大会の模様は、以下の「鉄拳」シリーズ公式チャンネルにてご視聴いただくことができます。※当日、会場での観戦はできません。

▼日本語配信
・Twitch(TEKKEN_JP) (リンク »)
・Youtube.Live(tekkenchannel) (リンク »)
・OPENREC.tv(TEKKEN_Channel) (リンク »)
・ニコニコ動画(TEKKEN_Channel) (リンク »)
・ペリスコープ(Twitter公式アカウント) (リンク »)
▼英語配信
・Twitch(Tekken) (リンク »)


【本大会の詳細は、以下の通りです。】
■開催概要
日  時:2018年7月29日(日)15時~20時配信予定
主  催:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
協  賛:株式会社ローソン、株式会社ゲオ、インテル株式会社、楽天ブックス ※順不同

■チーム戦ルール
前回大会の上位者3名がドラフトを行い、3名1組のチームを結成
3チームによる3on3のチーム戦(総当たり戦)を実施
1マッチ(試合)3バトル(勝)先取
各チーム、マッチ開始前に1バトル目から3バトル目に出場する選手を申告(全選手1バトルのみ出場可能)
3バトル終了時、両チーム3勝に満たない場合は延長戦へ突入
延長戦は最大2バトル実施。両チーム選出の代表者が出場する(全選手1バトルのみ出場可能)

■チーム順位決定
3チームによる総当たり戦終了時、チームの勝利数が多い順に順位を決定
勝利数が並んだ場合、代表者1名による優勝決定戦を実施
優勝決定戦は代表者による勝ち抜き形式でおこなわれ、2連勝したチームが優勝
一度、敗れてしまった代表者は、チームの選手全員が出場するまで選出は不可
優勝決定戦時、2位・3位はチーム戦の直接対決の結果を反映して決定

■チーム賞金
【優勝】各選手30万円、【2位】各選手15万円、【3位】各選手7.5万円

■個人賞
ともにバトルに勝利した側の選手のみが以下の個人賞を獲得できる
【ローソン・レイジKO賞】1万円×「レイジアーツ」または「レイジドライブ」でKOを奪った回数
【ファイナルラウンドKO賞】1万円×「ファイナルラウンド」でKOを奪った回数

※掲載内容は予告なく変更となる可能性がございます

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社バンダイナムコエンターテインメントの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]