編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RevitaLash(R) Cosmeticsがカラー化粧品ラインに新製品を導入

RevitaLash Cosmetics

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-23 10:44

RevitaLash(R) Cosmeticsがカラー化粧品ラインに新製品を導入

AsiaNet 74455 (1266)

【ベンチュラ(米カリフォルニア州)2018年7月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*Double-Ended Volume Setが近日発売

医師監修の眉毛およびまつげの大手ブランドであるRevitaLash(R) Cosmetics(リバイタラッシュ)は、同社の優れた製品セレクションに新製品Double-Ended Volume Setを加えたと発表した。自然なボリュームの下地を整えて強調するのに役立つよう、同ブランドの受賞歴のあるVolumizing PrimerとVolumizing Mascaraがまとまって便利なツー・イン・ワンのデュオになり、華麗に力強く、深く色付いたまつげを作り上げる。この眼科医および皮膚科医監修の2役をこなす製品は、重ね塗りが可能な色の濃いコンディショニングを提供し、自まつげに目に見えて分かるドラマチックな長さとボリュームを与える。

Photo - (リンク »)

Volumizing Primerの特筆すべきハイライトには、目を輝かせてマスカラのトップコートにさらなる深みを出すためのIndigo Blueのミネラルティントや、強く健康なまつげを促進する精選された原料が含まれる。これは、まつげに製品を均等に塗るための新しい形のシリコンブラシに加え、まつげの状態を整えて補強するPeptides & Panthenol、さらなる潤いとつやを与えるPolymers & Natural Plant Extractsを特徴とする。

Volumizing Mascaraは、Biotin & Soft Flex Polymersが処方され、楽に長さと濃さを出すためのまつげコンディショニングおよび強化の特性を与える。耐水フォーミュラが長時間の持続を可能にする一方、ボリュームを出すアワーグラス型新ブラシはまつげの生え際の自然な曲線に対応する。このVolumizing Mascaraは、大胆なカラーと比類のない鮮明度を加える。

RevitaLash Cosmeticsの創設者兼最高経営責任者(CEO)であるマイケル・ブリンケンホフ博士は「当社の医師主導のコレクションは常に進化しており、継続してまつげと眉毛の美しさを高める解決策を提供している。われわれは長くて美しいまつげの下地を整えて促進するよう便利にデザインされたツー・イン・ワンの製品を顧客に提供することができて興奮している」と述べた。

RevitaLash Cosmetics Double-Ended Volume Setの価格は34.50ドルで、RevitaLash.comおよび62カ国のサロン、スパ、医療スパで7月20日より購入可能となる。

▽RevitaLash Cosmeticsについて
RevitaLash Cosmeticsは先進的なまつげ、眉毛および髪の美容製品の開発における世界的なリーダーである。2006年に創設された同コレクションは、受賞歴のあるRevitaLash(R) Advanced Eyelash Conditioner、RevitaBrow(R) Advanced Eyebrow Conditionerを含んでおり、世界中にある1万カ所の診療所、スパ、サロン、専門小売店で入手できる。非営利の乳がんイニシアチブの支援者であるRevitaLash Cosmeticsは、売り上げの一部を研究および教育イニシアチブに寄付し、10月のみならず年間を通じて乳がんのコミュニティーに還元している。詳細は (リンク ») を参照。(RevitaLash Advancedはカリフォルニアでは入手不可)

▽問い合わせ先
Kara Coleman
1-212-9867000 x125
kcoleman@behrmanpr.com

Logo - (リンク »)

ソース:RevitaLash Cosmetics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]