編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Amazon、Amazon Alexaの新しい機能を追加

アマゾンジャパン合同会社

From: PR TIMES

2018-07-24 12:01

好きな曲を希望の時間にかけてくれる、ミュージックアラーム機能や44ヵ国の言語を翻訳できる翻訳機能が登場



Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、クラウドベースの音声サービス「Alexa」の新機能として、ミュージックアラーム機能と翻訳機能を追加しました。ミュージックアラームは、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズを始めとしたAlexa搭載デバイスでのみ利用が可能、また翻訳機能はAlexa搭載デバイスに加えて、AlexaアプリをインストールしたiOS9.0、またAndroid OS5.0以上を搭載した端末でも利用が可能です*1。

ミュージックアラーム機能は、Amazon デジタルミュージックストア*2で購入した楽曲やAmazon Music Unlimited*3やPrime Musicの聴き放題サービス、あるいは「うたパス」による音楽ストリーミングサービス*4を音声操作で目覚ましソングに設定できます。発話は、Alexaで音楽を楽しむ時のように好みの曲を伝えるとともに、目覚ましの時間を追加するだけです。目覚ましソングには、アーティスト名や曲名、プレイリスト、ジャンル、年代、気分やアクティビティなど、その時の気分に応じて、好きな楽曲を選ぶことができます。発話例は次の通りです。

「アレクサ、毎朝6時に音楽で起こして」
「アレクサ、ワンオクの曲でアラームをセットして」
「アレクサ、毎朝8時に邦楽ステーションでアラームをセットして」
「アレクサ、朝6時にジャズでアラームをセットして」
「アレクサ、朝8時に90年代の曲でアラームをセットして」
「アレクサ、サカナクションの「新宝島」で朝の6時に起こして」
「アレクサ、毎朝7時にリラックスできる曲で起こして

翻訳機能は、日本語の単語やフレーズを44ヵ国語の言語に翻訳します。このうち、18ヵ国語の翻訳は音声による回答に加えて、Alexaアプリなどでもテキストによる確認が可能です。また、26ヵ国語は翻訳されたテキストのみをAlexaアプリなどで確認することができます。Amazon Alexaアプリに音声機能が追加されたことにより、Alexaアプリをインストールしたお持ちのスマートフォンやタブレットでもこの翻訳機能の利用が可能になり、Amazon Echoのある自宅で利用できるだけでなく、外出先で外国語の単語や挨拶文などを調べるなど、ちょっとした会話にも有用です。発話例は次の通りです。

「アレクサ、英語で『流れ星』は何?」
「アレクサ、『こんにちは』って韓国語でなんて言うの?」
「アレクサ、フランス語で『サッカー』って言って 」
「アレクサ、『ありがとう』をイタリア語にすると?」
「アレクサ、ドイツ語で『愛してる』は?」
「アレクサ、『お元気ですか』をスペイン語にして」

クラウドベースの音声サービスAlexa は、昨年11月の提供開始以来、常に賢くなるとともに、提供するサービスも生活や娯楽、学習、読書、情報収集、スマートホーム連携、スケジュール管理など、広がっています。加えて、Amazon Echoシリーズを始めとしたAlexa搭載デバイスだけでなく、お手持ちのスマートフォンやタブレットにAlexaアプリをインストールすることによりこれらのモバイルデバイスでもAlexaの各種サービスを利用でき、Echoのある自宅に限らず、外出先など、どこでもライフスタイルに合わせてAlexaの各種サービスを利用いただけるようになりました。Amazonは、Alexaの機能を一層向上させ、お客様により豊かな生活体験の実現を図っていきます。

*1 現時点では、当該機能はFire Tabletに対応しておりません。
*2 マイミュージックに登録された楽曲が対象です。
*3 個人プランおよびファミリープランの利用者のみ利用可能です。
*4 サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]