編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイバーセキュリティ対策デジタルフォレンジックトレーニング環境『CSXトレーニングプラットフォーム』の販売を開始

アライドテレシスホールディングス株式会社

From: Digital PR Platform

2018-07-25 18:00


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、国際的なシステム監査資格団体ISACA(本部所在地 米国イリノイ州、CEO MattLoeb)のサイバーセキュリティ対策トレーニング環境『CSX(CybersecurityNexus(CSX))トレーニングプラットフォーム』の販売を開始しました。

『CSXトレーニングプラットフォーム』は、バーチャル・ラボ形式を採用したデジタルフォレンジックを習得するための研修プログラムです。学習者は指定のURLにログインするだけで、実際のデータセンターに設置されているような高価な機材群を直接制御することができ、分析するためのさまざまなアプリケーション(WireShark、Nmap、Netdiscover、etc)を起動しながらフォレンジックの実習が可能です。そのため、従来の実機学習でかかる機材費やシステム構築費の削減のみならず、研修時間の短縮も可能な研修プログラムを実現しています。バーチャル・ラボは100を超えるテーマで構成されており(115コンテンツ(2018年7月現在))、テーマはサイバーセキュリティに限らず、IoTやLINUXなど多岐にわたっています。また、CSXはブラウザベースのe-ラーニングツールのため、常に最新のトレンドに合致したラボに進化し続けています。これにより受講者は常に最新の知識を得ることが可能です。

『CSXトレーニングプラットフォーム』は、1年間のアニュアルライセンス形式で提供されます。製品の詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

<製品名と標準価格>
製品名           価格(税別)   注文受付開始日
CSX-TrainingLicense-1Y  ¥590,000    7月25日

---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL: (リンク »)
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
田中 利道 E-mail: totanaka@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]