学術引用で世界22位。2018年の世界ランキングに見るテンプル大学のグローバル評価

テンプル大学ジャパンキャンパス 2018年07月26日

From Digital PR Platform




テンプル大学(米ペンシルベニア州フィラデルフィア/総長リチャード・イングラート)は1884年創立の州立総合大学で、米国4,000校以上の4年制大学がある中、さまざまな分野、指標において確実に、全米ひいては世界的評価を高めています。
ウェブ検索サイト グーグルの提供する学術引用の検索サービスGoogle Scholar Citationsでは、学術引用の数がテンプル大学は世界22位、ペンシルベニア州内では1位となりました(2018年7月5日現在)。





 また、「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」世界大学ランキング2018では、世界の大学トップ1,000のうち、351-400位のグループにランキングされています。 米国高等教育機関の研究成果を評価指標とするカーネギー分類では、テンプル大学は最上級の評価「最高度の研究活動(R1)」を受け、全米の4年制大学で上位4%に位置づけられています。

 「USニューズ&ワールド・レポート(2018年版)」では、以下の部門でランキングされました。



・総合大学:115位 (2012年版以来17位UP/同カテゴリー、同時期順位上昇の比較で全米15位)
・トップ公立大学:53位
・退役軍人の教育支援を行うベスト・カレッジ:70位
・ベスト教育学大学院:48位
・ベスト・ロースクール:53位
・ベスト・ロースクール/法廷弁論:2位

 このほか、米国国務省・教育文化局ECA(Bureau of Educational and Cultural Affairs)が2月に発表したフルブライト奨学金受給機関リストでは、ブラウン大、コーネル大、ハーバード大、NYUなど伝統ある研究大学と同カテゴリーで上位(top producer)に名を連ねました。



 テンプル大学は、17の「カレッジ、スクール(日本の大学の学部、大学院に相当)」を擁し、ペンシルベニア州内のほか、ローマ、東京を含む8つのキャンパスで、高等教育のグローバル展開を推進しています。

・ランキングに関する米国本校のウェブ記事=> ''Temple's Momentum''(英語) (リンク »)


◆同大サイト内ニュース:
  (リンク »)  (日本語)
  (リンク »)  (英語)


◆テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ) (リンク »)
 米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるテンプル大学の日本校で、1982年に東京で開校しました。外国大学の分校として日本で最も長い歴史と最大の規模を誇り、2005年には文部科学省から初の外国大学の日本校として指定を受けました。米国式カリキュラムに基づき、大学学部課程、大学院課程(教育学修士・博士課程、ロースクール、エグゼクティブMBAプログラム)、アカデミック・イングリッシュ・プログラム、生涯教育プログラム、企業内教育プログラムの7つの課程で、世界約60カ国から約4,000名が学んでいます。

▼本件に関する問い合わせ先
広報・マーケティングサポート部
三田
住所:東京都港区南麻布2-8-12
TEL:03-5441-9801
FAX:03-3452-3075
メール:tujpr@tuj.temple.edu


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]