大正大学と静岡県藤枝市が包括連携協定を締結

学校法人大正大学 2018年07月27日

From 共同通信PRワイヤー

20180726

大正大学

大正大学と静岡県藤枝市が包括連携協定を締結

■目的
・地域社会における新しい価値創造、地方創生への還流
・地域のニーズに応える人材の育成と地域への人材還流の促進 他

■取組ポイント
 1)“政府のモデル事業”として「学生対流促進プログラム」を展開
    地方創生メニュー「地方と東京圏の大学生対流促進事業(内閣府)」に採択
   単位互換制による短期・長期プログラムを実施
 2)藤枝駅前に「サテライトキャンパス」を開設
   活動拠点となる「大正大学藤枝サテライトキャンパス」を静岡産業大学藤枝駅前キャンパスBiviキャン」内に設置
 3)藤枝市内に現地法人「ミライヌ※」を設置 ※“未来を縫う”という意味
   交流プログラムの企画・コーディネートを実施
   地域資源開発の発掘・プロデュースや商品開発、販売等の地域振興に関わる予定

■協定に基づく主な取組
・地域課題解決による地域振興・創生への貢献
・IoT、AI等の社会実装による地域情報化の推進
・学生のまちづくり参画を通した人材還流の促進
・地域のニーズに応え、活躍できる人材の育成
・施策、教育・研究活動の前進・発展による地域社会における新たな価値の創造
・東京圏でのシティ・プロモーション、地域産品の販路拡大




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]