編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

瀧森 古都『あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない』Twitterキャンペーン、7/27(金)スタート!

株式会社誠文堂新光社

From: PR TIMES

2018-07-27 12:01

2018年8月9日(木)誠文堂新光社より発売、瀧森 古都 著『あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない』の刊行を記念して、「あなたが最近涙したエピソード」を募集するTwitterキャンペーンを実施いたします。



[画像1: (リンク ») ]

木﨑 ゆりあさん(女優)、長江 俊和さん(「出版禁止」作家・演出家)推薦!

あなたが最後に泣いたのはいつですか?

至福の涙、再出発の涙、決意の涙……。涙にはいろいろな理由があります。

ベストセラー『悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと』著者・瀧森 古都が贈る、「涙」をテーマにした
短編小説集『あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない』が2018年8月9日(木)に発売!
出版を記念して、「涙」にちなんだキャンペーンを開催いたします。

あなたが最近涙したエピソードを「#悲しかったからじゃない」を付けてツイートしてください。
抽選で「著者サイン本」と「試し読み冊子」をセットでプレゼントいたします。

「試し読み冊子」の表紙には、本書に推薦コメントを寄せてくれた元AKB48で、現在は女優として活躍中の木﨑 ゆりあさんが登場!(※非売品です。)

みなさまのご応募をお待ちしています。

【エントリー方法】
★Step1 「よみもの.com」Twitterアカウント(@yomimonocom)をフォローする
★Step2 あなたが最近涙したエピソードをハッシュタグ「#悲しかったからじゃない」を付けてツイート!


<ツイートの例>
※「#」は、必ず小文字にしてください。また、「#」の前にはスペースを入れてください。

[画像2: (リンク ») ]


★応募完了!
*ご当選の方にのみ、「よみもの.com」Twitterアカウント(@yomimonocom)より、DMにてご連絡いたします(9月上旬予定)。

【賞品】
『あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない』著者サイン本と試し読み冊子(セットで30名様)

[画像3: (リンク ») ]

【キャンペーン期間】
2018年7月27日(金)~2018年8月31日(金) 23:59ツイート分まで

【キャンペーン特設サイトはこちら】
・PC版
(リンク »)
・スマホ版
(リンク »)

【本の内容紹介】
最愛の子を亡くした母親、引きこもりの少年、孤独な老人……。
各話に登場する主人公たちは、どうにもならない苦境の中でまさかの人物からエールを送られる。
それは、彼らにとって二度と会うことはないと思っていた「大切な人」からの声援であると共に、永遠に聞けないと思っていた真実の声だった――。
「涙」をテーマにした、活字が苦手な人でもさらりと読みきれる7つの感動物語。

●『あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない』プレスリリースはこちら
(リンク »)

【著者プロフィール】
瀧森 古都(たきもり・こと)
1974年、千葉県市川市生まれ。両親がイタリアの古い都(バッサーノ)で芸術活動をしていたことから「古都」と名づけられる。2001年、作家事務所オフィス・トゥー・ワンに所属。放送作家として「奇跡体験! アンビリバボー」など様々な番組の企画・構成・脚本を手掛ける。2006年、独立。作家、コピーライターとして活動。現在、主に「感動」をテーマとした小説や童話を執筆。ペット看護士・ペットセラピストの資格を保持。著者に『悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと』『孤独の果てで犬が教えてくれた大切なこと』『たとえ明日、世界が滅びても 今日、僕はリンゴの木を植える』(すべてSBクリエイティブ刊)などがある。

【書籍概要】
書 名:あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない
著 者:瀧森 古都
仕 様:四六判、240ページ
定 価:本体1,200円+税
配本日:2018年8月9日(木)
ISBN:978-4-416-61898-1

【応募概要・応募条件】
●当選後について
ご当選者様のお名前、TwitterユーザーID、ご住所、電話番号、メールアドレスを伺いますので、予めご了承ください。なお、当選通知DMにてお知らせする連絡期限までにご連絡をお願いいたします。

●注意事項
当キャンペーンへの応募、当選は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
また、以下のいずれかに該当すると判断された場合、ご応募、ご当選を取り消しさせていただく場合がございます。
・公式Twitterアカウント「よみもの.com」(@yomimonocom)をフォローされていない方、外されてしまった方
・ツイートを取り消しされた方
・Twitterのツイートを非公開に設定されている方
・Twitterのダイレクトメッセージの受信を拒否されている方
・当選が重複している場合
・ご当選者様の連絡先不明、長期不在などにより、当選通知及び賞品をお届けできない場合
・当選連絡後、指定された期限までにご連絡をいただけない場合
・賞品が返送された場合
・必要事項に不備、または虚偽があった場合

●禁止事項
以下に該当する行為を禁止いたします。もし以下のいずれかに該当すると判断された場合、ご応募、ご当選を取り消しいたします。
・当選の権利の譲渡、換金等
・名義変更、担保供与等

●お問合せ
受付期間:2018年7月27日(金)~8月31日(金)
受付時間:10:00~18:00(土・日、祝日を除く)
電話番号:03-5800-5753
※当選についてのお問合せつきましてはお答えいたしかねます。予めご了承ください。

●個人情報の取扱い
当社は、ご応募者様及びご当選者様の個人情報につきましては、当社のプライバシーポリシー、個人情報保護法及びその他関連法令・ガイドラインに基づき、厳重に取扱います。
・当社プライバシーポリシーはこちら
(リンク »)

【利用規約】
1. サービスの中断・中止・終了・変更について
当社は、「『あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない』Twitterキャンペーン」(以下、「当キャンペーン」といいます。)の運営を事前の予告なく中断・中止・終了する場合があります。
又は当キャンペーンに掲載されている内容を変更する場合がありますので、予めご了承ください。
なお、当社は、これらの中断・中止・終了・変更等によるいかなる損害に対しても、一切の責任を負いません。

2. ご注意
当キャンペーンに応募されたこと、または当選されたことに起因するいかなる損失、負債、被害、費用、その他の申し立てについて、当社は一切責任を負いません。
また、当キャンペーンのご利用及び閲覧は、ご利用者ご自身の自己責任において行われるものであり、当キャンペーンのご利用に起因するソフトウェア、ハードウェア上の事故、通信費用等、その他のいかなるトラブル・損害・事故についても、一切責任を負いかねます。

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店: (リンク »)
楽天ブックス: (リンク »)
ヨドバシ.com: (リンク »)
Amazon: (リンク »)
honto: (リンク »)
オムニ7: (リンク »)

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: (リンク »)
フェイスブック: (リンク »)
ツイッター: (リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]