≪三井住友銀行×福岡女学院大≫ 女子大生がデビットカードの普及に取り組む!

福岡女学院大学 2018年07月27日

From Digital PR Platform




株式会社三井住友銀行との連携事業『心理学プロジェクト演習(*)』において、心理学科1年生がチームを組み、「デビットカードを普及させる」という課題に取り組んだ。
「消費者の課題を発見・解決し、社会をより良くするような価値の提供無しには、普及も企業の発展も望めない」とする社会的マーケティングを踏まえ、「消費者の社会貢献意欲に訴求すべく、“現状維持バイアス”や“保有効果”が生じないようポイントの一部が自動的に募金される仕組みを加えることで、募金する人もされる人も幸せにしながらカードを普及させる。」など、学生は心理学を活かしながら、独自の普及策を提案した。




 最終提案は、福岡法人営業部、法人戦略部、決済企画部、リテールマーケティング部、決済商品開発部といった錚々たる専門家を前に行われた。


 行員の方々からは、インセンティブに頼らない視点や高齢者のニーズの汲み取り方など、学生の鋭くも柔軟な視点を高く評価して頂くとともに、「確固たる自信を持てるまで鍛錬し、行動すれば、皆さんの力で社会は必ず変わります。」という大きなメッセージを頂いた。

 履修した1年生たちからは、「1つの物事でも、見る側面は常に複数存在するからこそチームで取り組む意義があり、それぞれの見方を統合して活かすことで物事をより深く立体的に捉えられることを学んだ。」「企業の課題に取り組んだという経験は、夏季インターンシップへのエントリーを始めとする私のキャリア形成の大きな支えになった。」など、自信の成長を実感する声が上がった。



_______________________________________________________
 (*)この科目は「チームで、学科の専門知識を自ら学びながら、実社会の課題を発見・解決する」という課題解決型学習(PBL)である。1年次にこの体験をすることで、課題発見力・解決力やコミュニケーション力、情報発信力、キャリア意識、自律的学習の姿勢を早期から育成すると同時に、これまでの体験とこれからの学びとの接続を目的としている。

▼本件に関する問い合わせ先
福岡女学院大学 入試広報課
住所:福岡市南区曰佐3丁目42-1
TEL:092-575-2970
FAX:092-575-4456
メール:nyushi@fukujo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プ レスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]