編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

◆独自の経済調査を基に分析!「チームワークの心得」と「悪質商法の対策術」◆~関西大学経済実験センター公開講座を開催~ (1)「チーム作業を円滑にするための㊙テク」を紹介/(2)「ボッタクリ金融商品から身を守る術」を報告

関西大学

From: Digital PR Platform

2018-07-27 20:05




このたび関西大学経済実験センターとソシオネットワーク戦略研究機構の共催で、「チームワーク」と「金融行動」をテーマにした公開講座を、8月4日(土)11:00から梅田キャンパスKANDAI Me RISEホールにて開催します。




【本件のポイント】
・「チームワーク」と「金融行動」をテーマにした、2種類の講座
・ 関西大学経済実験センターによる独自調査に基づいて分析した結果を報告
・「経済政策」「行動経済学」を専門とする社会学部の小川一仁教授と経済学部の本西泰三教授が登壇

本公開講座は、関西大学経済実験センターおよびその上位機関のソシオネットワーク戦略研究機構の研究成果公開の一環として開催しています。本センターおよび本機構では人々の経済的な選択を収集し、統計的に分析することで得た成果を広く公開しています。

当日は2部構成で、経済政策の専門家が独自の経済調査に基づいた分析結果を報告します。まず、小川一仁(社会学部教授)が、組織での行動に必要不可欠な「チームワーク」をキーワードに、どのような人が協力的なのか、また、どのようにして他人と協力していくのかについて解説します。続いて本西泰三(経済学部教授)が、人生設計を考える上で欠かせない「金融行動」をテーマに、全国5,000人を対象に実施した学術調査の結果などに基づき、金融リテラシーを高めるとともに、悪質商法から身を守る方法について報告します。

■ 関西大学経済実験センターとは
経済学の理論的成果が社会人・高齢者の経済行動を説明できるかどうかを検討する研究機関。文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択に基づき、2014年6月に設置。高齢社会の日本において、経済活動の重要な担い手である社会人・高齢者の経済活動データを収集・分析し、政策提言につなげることを目的とする。

        <経済実験センター公開講座の概要>

【日  時】8月4日(土)11:00~15:30

【場  所】関西大学梅田キャンパス 8階KANDAI Me RISEホール

【プログラム】11:00~12:30 誰が他人とどのように協力するのか?
               :小川 一仁(経済実験センター長、社会学部教授)
       14:00~15:30 詐欺的・ボッタクリ金融商品から身を守るには?
               :本西 泰三(ソシオネットワーク戦略研究機構長、経済学部教授)

【主 催】関西大学経済実験センター、関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構

【定 員】各回80名(先着順)

【その他】無料、事前申込み不要




▼本件の詳細▼
関西大学プレスリリース
(リンク »)

▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。


▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、浦田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]