編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

BNPパリバがSymphonyのハッカソンでデジタルイノベーションを披露

Symphony

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-30 11:30

BNPパリバがSymphonyのハッカソンでデジタルイノベーションを披露

AsiaNet 74546

【香港2018年7月30日PRNewswire】金融機関、フィンテック業界のソフトウエア開発者125人以上が2018年6月、Symphony Innovateハッカソンで競うため香港、シンガポール、東京に集まった。35チームがこれら3地区に分かれ、Symphonyのセキュアコラボレーション・プラットフォームを通じて業務プロセス向上の課題に取り組んだ。それぞれで、Most Cutting-Edge Development(最も先端的な開発)とMost Impactful Automation Development(最も影響力のある自動化開発)が表彰された。

Logo - (リンク »)

Symphonyの顧客であるBNPパリバのチームが3カ所すべてで勝利し、デジタル戦略展開への同社の専心ぶりとそのためのセキュアコラボレーションの利用を実証した。

BNPパリバのElectronic Commerce and Digital, Global Markets部門グローバル責任者のシリル・コットゥ氏は「SymphonyはBNPパリバが提唱するデジタル変革の重要な戦略の一つです。当社はSymphonyのオープンかつ安全なフレームワークを利用してコラボレーションフォーラムを作り、重要なビジネスプロセスの自動化により効率化を図っています。Symphonyは革新をもたらし、コミュニケーションのセキュリティを強化し、競争力を高めるのに役立っています。」と語った。

BNPパリバは現在、このプラットフォームをセールスとトレーディング機能間などの社内コミュニケーションと、顧客とのコミュニケーションに利用している。さらに、同社はAI駆動のボットと連携の構築を開始し、今後数カ月でSymphonyプラットフォームの利用拡大を計画している。BNPパリバは現在、Global Markets、Asset Management、Securities Servicesの各部門合わせて同プラットフォームの利用者が6000人を超える。

Symphonyはセキュアコラボレーション・プラットフォームの質を高め、組み込み、拡張するカスタムアプリケーション開発のリソースを提供する。Symphony Innovateハッカソンの参加チームは、SymphonyのAPIを利用した内部システムの能率化、トレーディングサイクル内の自動化、業務プロセスの迅速化などの領域で新しいアプリケーション、連携を開発した。

Symphonyのデービッド・ギューレ創業者兼最高経営責任者(CEO)は「Innovateハッカソンで生まれる開発を見、BNPパリバのような企業の支援でSymphonyを金融サービス業のオペレーティングシステムにすることを非常に喜んでいる。当社のAPIを利用してこれらの開発者はこのプラットフォームの当初の想像をはるかに越える新たな興味深いワークフローを作り出した。次に何が出てくるのかが待ち遠しい」と語った。

Symphony Innovateハッカソンはシンガポールでクレディスイス、香港でソシエテ・ジェネラル、東京でBNPパリバの協力を得て準備、開催された。

勝利したBNPパリバの開発の詳細はSymphonyのブログ参照: (リンク »)

▽Symphonyについて
Symphonyは単一のワークフローアプリケーションによって、利用者が効率的かつ安全にコミュニケーションする手段を一変させる。業界に新たな進路を生み出し、Symphonyは個人、チーム、あらゆる大きさの組織が複雑なデータセキュリティと法規制順守の必要性を満たしつつ、生産性を向上させる手助けをするよう設計されている。Symphonyは2014年10月に創業、カリフォルニア州パロアルトに本社があり、ニューヨーク、香港、シンガポール、東京、ストックホルム、ソフィアアンティポリス、ロンドンに事務所を持つ。

詳細は次を参照:www.symphony.com

または以下でSymphonyを参照:

Twitter ( (リンク ») )
Facebook ( (リンク ») )
LinkedIn ( (リンク ») )

▽アジア太平洋地域におけるBNPパリバ (www.apac.bnpparibas.com)

BNPパリバは1860年にアジア太平洋地域に進出して以来、一貫して域内有数の国際金融機関として事業活動を続けてきました。14の国と地域に1.6万人*を超える従業員を擁し、事業法人・機関投資家から個人投資家まで、ニーズに合わせた商品やサービスを提供しています。ホールセール・バンキング、ウェルスマネジメント、資産運用、セキュリティーズサービス(証券管理決済業務)、保険など法人・機関投資家向けの業務は多岐にわたります。またリテールバンキング、個人向けファイナンスもパートナーシップを通じて提供しています。

また、BNPパリバは世界74ヶ国に19万人を超える従業員を擁し、国内市場部門及び国際金融サービス部門(リテールバンキング&サービス)、ホールセールバンキング事業(法人顧客、機関投資家向け)という3つの主要分野を核に事業展開し、それぞれ業界のキープレーヤーとしての地位を占めています。アジア太平洋はBNPパリバにおける主要な地域であり、事業基盤は着実に拡大を続けています。

*パートナーシップを除く、BNPパリバグループの従業員数

Logo - (リンク »)

ソース: Symphony

(日本語リリース:クライアント提供)

  


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]