聖学院みつばちプロジェクトの高校生カフェ~起業家教育の企画で高校生がカフェ経営体験 ~

大学プレスセンター 2018年07月30日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



起業家教育に取り組む日本政策金融公庫主催のもと聖学院中学校・高等学校(東京都北区、校長:角田秀明)の“聖学院みつばちプロジェクト”が2日間限定のカフェを出店します。

「2日間だけの高校生カフェ」ではコーヒーなどの飲み物の他、聖学院みつばちプロジェクトが採取したハチミツをつかったマドレーヌと、その他にも生ハチミツやオーガニックマーマレードをつかったメニューを予定 しています。

営業日時:2018年8/25(土)、26(日) 11:00~16:00
店舗:Kolm(世田谷区下馬3-38-2、最寄り駅 三軒茶屋)




聖学院みつばちプロジェクトが高校生カフェを出店するに至ったのは日本政策金融公庫が主催する「第5回高 校生ビジネスプラン・グランプリ」にエントリーしたことがきっかけです。第5回高校生ビジネスプラン・グランプリには全国385校、3,247プランの応募がありました。東京都内からの応募39校704プランのうち13プランが選出されて行われた「高校生ビジネスプラン発表会in TOKYO」に聖学院高等学校が出場したことで、日本政策金融公庫主催による高校生カフェの話が進みました。

カフェの売上の一部は西日本豪雨復興支援に寄付されます。


【高校生カフェのポイント】

(1)聖学院みつばちプロジェクトの目的:聖学院みつばちプロジェクトは聖学院中学校・高等学校の生徒による有志の団体で、みつばちの世話をしハチミツを採取する活動を通して社会との関わりを学ぶことを目的とするPBL型の課外学習として3年前にスタートしました。


(2)聖学院みつばちプロジェクトのハチミツの特色:高校生が出店する珍しさもありますが、ハチミツについても特筆すべきことがあります。聖学院みつばちプロジェクトが取り扱うハチミツの品質は専門家からも評価が高く、薬品を使わない''無添加''であること、''無 加糖''の純粋ハチミツであること、''非加熱''の生ハチミツであることという特色があります。そのため文化祭などで販売すると短時間で完売となります。


(3)「高校生科学教育大賞2017」奨励賞: 聖学院みつばちプロジェクトはバイテク情報普及会が主催する「高校生科学教育大賞2017」に出場し、奨励賞を受賞しました。




【カフェの営業に関するお問合わせ】 日本政策金融公庫 国民生活事業本部 東京創業支援センター 担当:川口 Tel:03-3553-6187
【取材に関するお申込み・お問合わせ】学校法人聖学院 学院広報センター 担当:松田・萩野 Tel:03-3917-8530 Email:pr_h@seigakuin-univ.ac.jp URL:www.seig.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]