2泊3日の合宿型小説創作イベント「NovelJam2018」発の小説『REcycleKiDs』オーディオブックで登場

株式会社オトバンク 2018年07月30日

From PR TIMES

声優・厚木那奈美さんと土田玲央さん共演で全編音声化

株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)は、特定非営利活動法人日本独立作家同盟(事務所:東京都練馬区、理事長:鷹野凌)が開催した2泊3日の合宿型小説創作イベント「NovelJam2018」で誕生した『REcycleKiDs』(ふくだりょうこ(著) 野崎勝弘(編) 波野發作(デザイン))のオーディオブック版を同社が運営するオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」にて、7月30日より配信開始します。



◆声優・厚木那奈美さん、土田玲央さんが共演
アニメ「キラッとプリ☆チャン」(青葉りんか役)、「Wake Up,Girls!新章」(阿津木いつか役)などに出演し、声優ユニット「Run Girls, Run!」のメンバーとして活躍する厚木那奈美さん、ゲーム「あんさんぶるスターズ!」(朱桜司役)、アニメ「アイドルタイムプリパラ」(コヨイ役)などに出演する土田玲央さん二名が共演。近未来的で独特な世界観を、音声のみで表現しています。

<厚木那奈美さんからのコメント>


[画像1: (リンク ») ]

Q1:『REcycleKiDs』をはじめて読んだ時の感想
まさか、そうなるとは…!と、とても驚きました。読み進めていくと、点と点が繋がっていき思わず鳥肌が立ってしまいます。じわじわと真相が明らかになっていく感覚は、この「REcycleKiDs」ならではの面白さだと感じました。

Q2:オーディオブックの収録で、印象に残っているシーンなどはありますか
前半の幸せと後半の絶望の差がとてもあるのですが、私が心を閉ざしてしまうシーンが印象に残っています。その箇所が、漢字とカタカナのみで書かれていて、どのように表現をすれば伝わるのかが難しくも楽しかったです。


<土田玲央さんからのコメント>


[画像2: (リンク ») ]


Q1:『REcycleKiDs』をはじめて読んだ時の感想
アキとシュウヘイ、2人の絆が最初の方で描かれていて、どういう展開になるんだろうと思ったら急に様子がおかしくなってくるので…読んでいて最後の方はもう怖かったです。

Q2:オーディオブックの収録で、印象に残っているシーンなどはありますか
アキの記憶が戻ってからはシュウヘイの雰囲気を徐々に変えてみました。シュウヘイの本質は変わらずに静かな怖さを感じて頂けるように演じました。


◆2泊3日の合宿創作イベントで生まれた『REcycleKiDs』
「NovelJam」は、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う合宿創作イベントです。本作は、3月26日に開催された「NovelJam2018」で誕生し、グランプリを受賞しました。

<著者:ふくだりょうこさんからのコメント>
自分が書いた小説が音源化。これまで夢にも思わなかったことに、初めて聴いたときは少し震えてしまいました。『声』がつき、物語が立体的になる。そのことで作品自体が違う側面を見せてくれたような気がします。アキ役の厚木様、シュウヘイ役の土田様には感謝するばかりです。また、このような機会を与えてくださった日本独立作家同盟様、そしてオトバンク様、本当にありがとうございました。

<編集:野崎勝弘さんからのコメント>
今まで文字のみの世界で生きてきましたので、かかわった作品がオーディオブックになるという貴重な経験に大変感動しました。声優さんの声や表現によってREcycleKiDsの世界観が忠実に、そして豊かに具体化され、さらに新たな付加価値を生み出すプロセスに驚きを隠せません。声と言う究極のツールの威力をいまさら思い知った感があります。素晴らしい機会を与えてくださった日本独立作家同盟さん、オトバンクさんに大感謝です!

<デザイン:波野發作さんからのコメント>
ついに「リサキ」がオーディオブックに。シュウヘイがイケボすぎて思わず娘の彼氏に対するような警戒心を抱いてしまいました。でもアキが幸せになるならそれでいいか。いいのかな。2回以上聞くことをオススメします。

<NPO法人日本独立作家同盟理事 NovelJamディレクター江口晋太朗さんからのコメント>
音声を聞いた瞬間、作品の世界観がより立体的に感じることができました。 NovelJamという出版スタイルによってチームで生みだした作品が、こうして新たな形となって読者に届くことはとても嬉しい限りです。音声ならではの物語の楽しみ方をぜひ体験してみてください。弊団体は、今後もNovelJamを含めた創作活動を作りながら、新たな出版に関わる人たち同士のつながりやコミュニティづくりを行ってまいります。

◆今後の展開
オトバンクは、今後もオーディオブックを通して、制作活動がより広がるような支援活動を続けてまいります。

◆商品情報 オーディオブック『REcycleKiDs』


[画像3: (リンク ») ]

配信開始日:7月30日
価格:アラカルト販売/500円(税別)、聴き放題でも配信
著者:ふくだりょうこ、編集:野崎勝弘、デザイン:波野發作
出演:厚木那奈美、土田玲央ほか
作品時間:36分
制作元:オトバンク
配信元:オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」(フィービー)
配信サイトURL: (リンク »)

あらすじ:虐待、DV、ネグレクト。生まれる家を間違えた子どもたちは政府の極秘プロジェクトのもと、人生をやり直すことができる、はずだった。ガラスケースの中に並んだ子どもたち。地域のこども館でひっそりと行われる見学会。それは子のない夫婦が虐待に遭った子どもたちを引き取るための場所。子どもを選ぶための場所。ただし、その子どもたちには普通とは違う点があった。子ども館に来るまでの記憶がすべて消されていること。「新品」の状態で引き取られていく二歳から四歳までの子どもたち。その中でひとり、一週間後に十八歳を迎えるアキがいた。十八歳になったら、外の世界へと放り出される。そんな彼女を支える男性スタッフ・シュウヘイ。アキを引き取ってくれる夫婦は見つかるのか。

【「NovelJam」(ノベルジャム)とは】
「NovelJam」とは、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。ジャムセッション(即興演奏)のように、参加者が互いに刺激を得ながらその場で作品を創り上げていきます。今回、NovelJam2018で「著者」「デザイナー」「編集者」がチームとなって生みだした16点の「本」を、作品の内容・表紙デザイン・販促PRの3つの観点から審査し、総合的な評価の作品をもとに、NovelJam2018グランプリを授与いたしました。
(リンク »)

■日本独立作家同盟

[画像4: (リンク ») ]

出版を革新しよう! 著者や読者など、すべての出版に関わる人々を対象に、だれでもどこでも、デジタル・ネットワーク技術を活用した、革新的で自由な出版活動を行える、豊かな社会づくりに貢献する団体です。
URL: (リンク »)

■オーディオブックとは

[画像5: (リンク ») ]

オーディオブックとは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」です。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめます。

■audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)
株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービスです。
[画像6: (リンク ») ]

2007年より配信を開始した「FeBe」からリニューアルし、2018年3月よりサービスを開始。現在約 25,000 本のコンテンツを配信し、オーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指します。
URL: (リンク »)

■株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)

[画像7: (リンク ») ]

音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇るオーディオブックカンパニーです。500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( (リンク ») )を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]