編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

コラム : ハッカーは本当にロシア人なのか?

株式会社Doctor Web Pacific

2018-10-04 09:00

ハッキングをする人間は若者が多いのだと考えている人は多くいますが、統計結果によると、そうとも限らないようです。たとえば、ある罪を犯したハッカーグループには、63歳のメンバーがいました。 モスクワ中央治安部のハイテクノロジー分野における犯罪撲滅行政長官ドミトリー・チェプコフ (Dmitry Chepchugov) は、年金受給者が年金の支払い額に不満を抱いていたことに関連していると発表した。 https://emc.lenta.ru/news/2001/05/25/hackers ※ロシア語
###

この事件は、ギネスブックに記録されるほどの価値があります!ロシアのプログラマーは常に高い評価を受けていますが、残念なことに、彼らの中には非合法な仕事をして金銭を得ている者がいます。彼らが現行犯で逮捕されることはめったにありませんが、逮捕されたロシアのプログラマーの多くは米国で逮捕されています。そして、「ロシアのハッカー」という話題は、政治に多大な影響を与えます。

イギリスとアメリカの政府は、ロシア人による悪意のあるサイバー活動について合同でテクニカルアラートを発表しました。両国は、すべての企業(公的、私的、重要インフラストラクチャープロバイダー、ISPなど)に対し、ネットワークセキュリティの見直しと、ロシア政府の要請を受けたと思われる悪質なサイバー活動の兆候を報告するよう奨励しました。

しかし、「すべての企業」が、悪意のある行為が発見したときに、どのようにして「ロシアのハッカー」によって行われたものだと判別することができるのでしょうか? イギリスでは、ハッカーがハッキングを試みる前に自己紹介をするなどの礼儀正しいふるまいが行われているということでしょうか?

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]