LYNCH Biologicsが歯骨再生用のGEM 21S(R)成長因子増強マトリックス取得の取引完了

LYNCH Biologics 2018年10月01日

From 共同通信PRワイヤー

LYNCH Biologicsが歯骨再生用のGEM 21S(R)成長因子増強マトリックス取得の取引完了

AsiaNet 75468 (1743)

【フランクリン(米テネシー州)2018年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】LYNCH Biologics LLC(LBIO)は28日、LIBOがGEM 21S成長因子増強マトリックスに関するすべての権利と、Luitpold Pharmaceuticals, Inc.(LPI、ルイトポルド・ファーマシューティカルズ)の歯の再生事業に関する特定の追加資産を取得する内容の、LPIとの取引をこのほど完了したと発表した。この取引により、下流製剤、充填(じゅうてん)、および製造終了の権利を含むGEM 21Sのグローバルな商業化の所有権のすべてがLBIOに移転する。LYNCH Biologicsは、GEM 21S製品を、その他一連の再生生物製剤とともに、同社の頭蓋・顎顔面部門を通じて、口腔外科医、歯周治療専門医およびインプラント歯科医に直接販売する。取引の条件は明らかにされていない。

▽LYNCH Biologics LLCについて
Lynch Biologics(以下「LBIO」または「当社」)は、再生医療に重点的に取り組んでいるバイオテクノロジー企業で、特殊な生理活性タンパク質を使用し、糖尿病性足潰瘍から大がかりな歯科手術、そしてその中間に位置するすべて、文字通り頭からつま先まで様々な厳しい治療上の困難を経験している患者のための治療の選択肢を医療機関に提供している。この使命は、合併・買収、ライセンス供与、社内の研究・開発を通じて獲得した革新的な生物製剤、生体材料、細胞療法の商業化によって果たされている。商業化は、米国の直販チームと世界中のライセンス供与パートナーを通じて行っている。当社は現在、糖尿病性足潰瘍や術後創傷合併症などの創傷治癒の改善、歯骨・頭蓋顔面骨および軟部組織の再生、間葉幹細胞療法を生み出すのに使用されるタンパク質成長因子の供給、およびその事業のグローバル化の4分野に力を注いでいる。LBIOの創業者兼最高経営責任者(CEO)であるサム・リンチ博士は、BioMimetic Therapeutics, Inc.の創業者で元CEOでもある。リンチ氏はこの技術の発明者であり、GEM 21SとAugment Bone Graft(充填骨移植)の米国および海外での販売認可を成功裏に達成したチームを率いた。

▽Luitpold Pharmaceuticals、Inc.について
Luitpold Pharmaceuticals, Inc.(ルイトポルド・ファーマシューティカルズ)は、日本の第一三共株式会社のグループ企業である。1994年以来、Luitpoldは骨関節症部門を通じて、世界中の歯科医療従事者が使用する骨移植・組織再生製品を誇りをもって販売してきた。同社の最優先目標は、プロフェッショナリズムと完全性を持ち、患者ケアを増進することが科学的かつ臨床的に証明された最高品質の製品を開発、販売することである。

詳細については、www.lynchbiologics.com を参照。

▽問い合わせ先
LYNCH Biologics LLC
Marie Bukowski
+1-615-567-6364 ないし +1-615-397-0688 (mobile)
Director, Marketing & Medical Education

ソース:LYNCH Biologics


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]