知識と意識でカラダを変える次世代の健康診断「KRD Nihombashi」事前予約開始

KRDNihombashi 2018年10月01日

From PR TIMES

人間ドック×テクノロジーが生む、人生100年時代の新たな選択肢

【ウェブサイト】 (リンク »)



[画像: (リンク ») ]


医療法人社団 大地の会は、本日、10月1日(月)より、KRD Nihombashi(所在地:日本橋本町、院長:田中 岳史)の受診者用予約受付サイト(URL: (リンク ») )をオープンいたします。

■KRD Nihombashiについて
「KRD Nihombashi」は、来たるべき超高齢社会に向けて予防への取組を具現化した施設です。2025年、日本は団塊の世代が75歳を超えた後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という『超高齢社会』を迎えようとしています(=2025年問題)。人生100年時代と呼ばれる今、一つしかない自分のカラダと上手く付き合いながら健康寿命を実寿命に近づけたいという想いが、「KRD Nihombashi」の設立に踏み切った背景です。

「受診するだけ」の主な原因となっていた、カラダに関するリテラシー不足の解消に焦点を当て、これまでにない「予防に資する」健診施設を目指し、当施設では、各医療分野の高度な知識と技術を有する医師の監修のもと、一般的な人間ドックのメニューと比べて、より詳細な眼科検査・血液検査、更には通常の人間ドックでは行わない口腔内検査を行い、三位一体(眼、歯、血(全身))にて現状把握を行います。受診者専用ページからアクセスできるクラウド上で健康関連データを時系列で動態管理し、カラダに関する知識と共に、カラダの動態の説明を詳細に行うことで受診者のリテラシー向上を図っていきます。

KRD Nihombashiの健診は、健診から半年後のフォローアップ血液検査、翌年の健診までを一つのサイクルとして考えています。受診者のデータをクラウドで管理し、半年後に再度採血の場を設けることで、年に一度の人間ドックの直前だけ健康を気遣うのではなく、継続的に自分の体と向き合う生活改善に取り組んで行きます。

同ビル下階に設けた健康リテラシー向上フロアでは、食事や運動、マインドフルネスについてのプログラムを実施し、当施設での健診によって意識変容・行動変容をした受診者のさらなるリテラシー向上をサポートします。

■「KRD Nihombashi」の“こだわり”

ポイント1 : 全300問以上、回答に5日間を要する詳細な事前問診
KRD Nihombashiの事前問診項目は、全300問以上を受診日前の5日間をかけて回答して頂きます。慌ただしく、適当に記入してしまいがちな問診を、毎回の健診が自分を見つめ直すタイミングにすべく、自らの状態を精緻に報告して頂きます。項目数も細分化されており、当然健診の精度が高くなります。

ポイント2 : 眼・歯・血液検査を含む、詳細な検査項目!
KRD Nihombashiの検査項目は、人間ドッグ学会が設定する一般的な項目数の2倍以上。(※選択するオプションによって異なります。) 通常は含まれていない眼・歯・血液も含めて調べます。更に半年後に、もう一度同じ項目数のフォローアップ血液検査を実施します。

ポイント3:自分では気がつきにくい、眼の病気を未然に防ぐ
通常の健康診断での眼科検診は、矯正視力がきちんと測られていないことも多く、視野検査や網膜などの詳細な検査は実施されないため、緑内障・網膜剥離をはじめ多くの疾患を発見しづらい仕組みでした。今回KRD Nihombashiでは、矯正視力を正確に測り、視野や網膜検査も実施し、これまでの健康診断では見落とされてきた異常を早期に発見しやすくなります。

ポイント4:歯の健康は、体全体の健康へ
KRD Nihombashiの歯科検診では、一般的な虫歯のチェックの他、口腔内写真撮影、歯周病の精密検査、口腔粘膜・舌検査、咬合力(噛む際に必要となる力)検査、オプションで虫歯菌や歯周病菌の細菌検査を実施し、さらに血液検査データと合わせて口腔内についても時系列で動態管理をして参ります。歯周病が大きなリスク因子として注目されている糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、関節リウマチといった全身疾患への影響、咬合力の低下に加えて、歯周病が認知症に繋がる可能性がある等、口腔以外の疾患のサインを察知することができ、口腔内の状態から体全体の状態をつぶさに観察していきます。

ポイント5 : 自らのカラダは自らがコントロールする、健康リテラシー向上のセミナー開催
KRD Nihombashiでは、受診者が自身のカラダと真に向き合えるべく、健康への正しい知識を身に付けて頂けるように、年間を通じて「栄養・運動・マインドフルネス」をテーマに様々な健康リテラシー向上のプログラムを用意します。健診後に高まる自身の健康への欲求を、セミナーやプログラムを通じ行動継続していくことで、自身のカラダを最高の状態に出来るようになることが目的です。

KRD Nihombashiでの健診は一日48名までとし、一時的な健診ではなく、その後の生活改善、半年後の血液検査まで一人一人と向き合える体制を整えております。これまでの人間ドックに違和感や不安を感じている方にこそおすすめしたい、次世代の健康診断です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]