「アパレル廃棄」を利用し、「カンボジア ボランティア」を実現する『TASUKEAI 0 PROJECT』発足

株式会社Shoichi 2018年10月18日

From PR TIMES

(株)Shoichiが廃棄余剰在庫の活用、教育支援、食糧支援、医療支援などを行う『TASUKEAI 0 PROJECT』を発足

アパレル廃棄ゼロを目指し、在庫処分業の (株)Shoichi(本社:東京都千代田区岩本町1丁目4-5 SAKURAビル5F、代表取締役:山本昌一)が廃棄在庫買取を通じ、在庫廃棄品を海外へ届けるCSR活動を展開する。また、支援内容は多岐に渡りサイトを通じて買取・寄付など、支援活動へ参加できる仕組みとなっている。
【URL】 (リンク »)




【実施内容】
日本国内で廃棄在庫を買取。その後、廃棄・在庫品販売の店舗展開をASEAN諸国でのマーケティングに焦点を絞り行う。
ボランティア・奉仕活動を主体とした廃棄在庫買取の仕組みを確立をする。
また、サイトを通じて、買取・寄付・パートナー店舗への参加が選択でき、現行プロジェクトの支援活動に自由に参加できる仕組み。

余剰在庫の廃棄ゼロを目指し、企業からの寄付・買取を募り各種プロジェクトを発展させていくのが狙い。
助け合いの架け橋となれるよう、様々な企業・団体とコラボし実践していく。
[画像1: (リンク ») ]

【TASUKEAI 0 PROJECT テーマ】
『3つの0(ゼロ)』

1.廃棄 0(ゼロ)
●目標「日本の廃棄を全て買取ります。」

2.コスト 0(ゼロ)
●タグカットし、海外販売。
●「衣類寄付の送料問題」を解決。

3.CSR 0(ゼロ)
●廃棄売上の一部をNPOを通じこどもたちに届けます。

[画像2: (リンク ») ]

◆現在のプロジェクト内容


余剰在庫のJapanVillageでのパートナーシップ販売
食糧支援
フリースクール
HIV、ウイルス感染症などのワクチン治療を主とする診療所の設立と運営
日本語学校

今後も参加企業・団体を募り、様々な支援プロジェクトを展開していく。

【取り組みに至った経緯】
在庫廃棄品処理に悩む企業は数多く存在し、廃棄ゼロ・在庫ゼロを目指しても、実践できずにいる。
在庫処分業を営んでいるとその現状に直面することが多く、余剰在庫を活かし必要とする方へ届ける活動をしたいと考えた。
廃棄在庫品をただ販売するのではなく、余剰在庫の廃棄ゼロを目指すことを目的としている。

【参加企業・団体】
・(株)Shoichi 【ウェブサイト】 (リンク »)
・(株)agecreer 【ウェブサイト】 (リンク »)
・Japan Village 【ウェブサイト】 (リンク »)
・NPO法人 GLOBE JUNGLE 【ウェブサイト】 (リンク »)
・国際NGO団体 DNA WORLD 【ウェブサイト】 (リンク »)
・KKEV CAMBODIA 【ウェブサイト】 (リンク »)
・一般社団法人Kumae【ウェブサイト】 (リンク »)

【株式会社shoichi】
代表 : 代表取締役 山本 昌一
東京本社:〒101-0032 東京都千代田区岩本町1丁目4-5 SAKURAビル5F
大阪本社:〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町2丁目6番5号 ファースト船場 301
事業内容: 法人在庫買取業
URL : (リンク »)
問合わせ: 06-6258-6112
MAIL: shoichiya@shoichi.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]