空間プロデュースに国産材や森林認証材等を利活用する「フェアウッド・プロジェクト」を加速化

株式会社乃村工藝社 2018年10月19日

From Digital PR Platform


(リンク »)

 乃村工藝社グループでは、商業施設、博物館、展示会等の空間における企画・コンサルティングから、デザイン・設計、制作・施工、運営管理までの総合的なソリューションを提供する事業活動において、国産材や森林認証材等を利活用する「フェアウッド・プロジェクト」の活動をさらに加速させていきます。林産業の自律的な経済活動や日本の森の保護・成長に貢献するとともに、“空間創造活性化×生産者・作り手のネットワーク”を活かし、多様なステークホルダーの皆さまに歓びと感動をもたらす、公益と事業益を両立した場づくりに取り組みます。

1.社会的背景
 日本は国土の約 2/3 を森林が占める世界でも有数の森林大国。その約4 割が人口林(スギ、ヒノキ等)で、多くが伐期を迎えており、国産材の利活用を進め、山元にその利益を還元し、持続可能な林業経営や森林の公益的機能の発揮を実現する必要があります。一方、世界的には違法伐採が依然問題になっており、違法に伐採された木材の利用による、森林破壊等につながる可能性があります。違法伐採木 材を日本市場から減らしていくことを目的に、2017 年5 月には、合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(通称「クリ ーンウッド法」)が施行されました。国産材をはじめとする合法伐採木材等を積極的に使用するとともに、地域への経済循環をつくることにより、森林資源と林業・木材産業の持続可能性を高めていくことができます。

2.「フェアウッド・プロジェクト」について
 乃村工藝社グループでは、事業活動を通して木材・木材製品を多く使用しています。森林を守るフェアウッド※1(国産材や森林認証材等)の調達は当社グループの環境に対する社会的責任であると考え、国産材等の有効活用をお客様へ積極的に提案し、林産業の自律的な経済活動や日本の森の保護・成長に貢献することを目指しています。

 乃村工藝社とグループ会社社員の約50名で構成される横断型組織「CSV協議会」では、日々の業務活動において、公益と事業益を両立した視点でクライアントであるお客様に付加価値を提供できることを目指しています。
 当協議会の「フェアウッド・プロジェクト」では、国産材や地域産材(消費地と距離が近い地域の木材)、信頼のある森林認証(FSC・PEFC・SGECなど)を受けた木材など、環境に配慮した木材製品を積極的に使用していくために、「フェアウッド応援宣言(ノムラ木材調達ガイドライン)」を2010年に策定。以後、業界全体・社員・各種関連団体に向けた啓蒙活動をおこなうとともに、2017年からは全国の地域材による家具づくりで実績のある株式会社ワイス・ワイスと協働を開始しています。

【1】フェアウッド・プロジェクトの主な狙い
(1)国産木材の価値向上、木材利用の好循環化への貢献(木材利用に関する出口づくり)
(2)木材利用に関するコンプライアンス遵守と当社の国産材対応力向上
(3)リーディングカンパニーとして内装・ディスプレイ業界における木材利活用の奨励

3.新たな取り組みについて
 出処の分かる木材利用を普及させていくためには、自社だけでなく、業界全体を巻き込んだ持続的な活動が必要と考えて以下のような「森とクリエイターをつなぐ取り組み」を行っていきます。

【1】「MOKU LOVE DESIGN ~木質空間デザイン・アプロ ーチブック~」の制作に参画
 今回新たに木材利用の拡大・関連産業の振興を目指して活動をしている「ウッドソリューション・ネットワーク(事務局:農林中央金庫)※2の趣旨に共感し、クリエイターが木質空間の魅力を知っていただき合法伐採木材等を使って豊かな空間デザインを提案するための「MOKU LOVE DESIGN ~木質空間デザイン・アプローチブック~」の制作に参画、本アプローチブックが完成いたしました。「森の人とデザインを」をテーマに、森を訪ね、木や木材といった自然に寄り添って生きる職人との対話の中からデザインしていくことの魅力を伝える冊子で、イベントや関係団体を通じてクリエイターに配布し、業界全体でクリーンウッドの活用機会を増やすことを目的としています。
「MOKU LOVE DESIGN ~木質空間デザイン・アプローチブック~」ダウンロード:
(リンク »)

【2】業界全体に向けた勉強会、森とクリエイターをつなぐ体感ツアーの実施
 また、社内外へのフェアウッドの啓発活動として、業界全体の活用機会を増やすため9月より当社グループの協力社への理解促進のための勉強会を定期的に開催するほか、木材生産者を訪ね、森とクリエイターをつなぐ体感ツアーなどの活動も行なっていく予定です。

4.フェアウッド・プロジェクトの目標
 乃村工藝社グループは、ディスプレイ業界のリーディングカンパニーとして以下の項目を「フェアウッド・プロジェクト」の目標に設定しています。国産材・森林認証材等の有効活用をお客様へ積極的に提案し、林産業の自律的な経済活動や日本の森の保護・成長に貢献することを目指しています。

【1】全体
(1) 当社グループの木材利用を将来的に100%フェアウッドにしていきます
(2) 全47都道府県を産地とする木材活用を可能とするサプライチェーン(ネットワーク)を構築していきます
(3)内装下地材として活用できる国産木材による合板・集成材の調達を達成していきます

【2】プロセス系
(1) 当社グループおよび協力社の木材利用状況の調査を行っています
(2) 主要サプライヤー(木工系協力社)への木材利用に関する教育を実施しています
(3) 内装、ディスプレイ業界関連団体における発信活動を行っていきます

 今後も、乃村工藝社グループはステークホルダーの皆さまと共に持続可能で魅力あれふる社会を目指して、社会課題を共有し一つずつ解決していきたいと考えております。また、当社グループの社会・文化活動を通し、当社の使命である「歓びと感動」を提供し続けてまいります。

※1フェアウッドについて フェアウッド・パートナーズ(一般財団法人地球・人間環境フォーラム、国際環境 NGO FoE Japan)が提唱している、伐採地の森林環境や地域社会に配慮した木材・木材製品のことです。
■修理・再生した木製品【Reduse、Reuse】
■違法伐採でない木材 【合法材】
■地域住民が自ら適切に森林管理している木材【コミュニティ材、フェアトレード】
■信頼できる第三者機関の森林認証を受けた木材【森林認証材】
■古材や廃材を再利用した木製品【Recycle】
■近くの森林から生産された木材【国産材、顔の見える木材】

※2ウッドソリューション・ネットワーク(事務局:農林中央金庫)についてウッドソリューション・ネットワーク(WSN)は、林業・木材産業に関連する企業・団体で構成され、山で木材が生産・加工され、建築物等に利用されるまでの各段階における各種課題解決を通じて、木材利用の拡大、関連産業の振興を目指して活動しています。

 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]