VMware 海外動向 > 第35回 vSphereアップグレード連載 パート3: vSphere Hostsのアップグレード

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2018年10月26日

CTC教育サービスはコラム「VMware 海外動向 > 第35回 vSphereアップグレード連載 パート3: vSphere Hostsのアップグレード」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回も英語が苦手な方向けに海外の人気コラムを違約したものをご紹介します。
VMwareの研修を検討されている方は、『VMware Education Partner of the Year 2017』を2年連続で受賞しているCTC教育サービスにどうぞ!
※VMware研修コース  (リンク »)

###

パート1の「アップグレードの準備」とパート2の「vCenter Serverのアップグレード」ではアップグレードのための環境を用意し、vCenter ServerとvSphere Update Manager(VUM)をバージョン6.7へアップグレードしました。この記事では、vSphere Update Manager(VUM)を使ったvSphere Hosts(ESXi)のアップグレード手順について説明します。vSphere Update Manager(VUM)を使用すると、vSphere管理者はアップデートとアップグレードを順番に記憶して、一貫した繰り返し処理ができるようになります。
VUMの使用がESXiホストのアップグレードを実行する唯一の方法ではないことにも言及しておきます。ESXiホストのアップグレードは、CD/DVDやUSBドライブ、vSphere Auto Deploy、スクリプト、またはesxcliコマンドを使用して対話的に行うことができます。すべての方法には異なる要件があるので、それらを確認する必要があります。上記の方法はすべてESXiホストのアップグレードをサポートしています。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]