教員研修「学校とICTフォーラム」大阪(1 / 26)のご案内

《2020へ向けて》教育の情報化における現状の課題への対策

Sky株式会社 2018年11月06日

一般社団法人日本教育情報化振興会では、Sky株式会社の協力のもと、情報教育対応教員研修全国セミナー「学校とICTフォーラム」(大阪会場)を、2019年1月26日(土)にハービスHALL(ハービスOSAKA B2F)にて開催いたします。

2020年度から順次全面実施される新学習指導要領―。情報活用能力(プログラミング的思考やICTを活用する力を含む)は、言語能力や問題発見・解決能力と同様に学習の基盤となる資質・能力と位置づけられ、その育成のためにICTを活用した学習活動の充実が求められています。「主体的・対話的で深い学び」に向けて、ICT活用の視点も踏まえ、授業改善、授業づくりのポイントを考えます。
また、「授業改善」「情報教育」「タブレット端末活用」「小学校プログラミング教育」「教育の働き方改革」「教育情報セキュリティ対策」「子どもたちのSNS利用」「ICT活用と効果」などをテーマにした各セッションを通じて、教育情報化におけるさまざまな課題と最新動向をお伝えします。

<「学校とICTフォーラム」大阪会場 特設ページ(学校とICT Webサイト)>
(リンク »)


---------------------------------------------------------------------------
【日 程】2019年1月26日(土)12:55 開会(受付12:00~)
【会 場】ハービスHALL(ハービスOSAKA B2F)
【対 象】学校の教員、教育委員会および自治体の職員
【主 催】一般社団法人日本教育情報化振興会
【共 催】日本教育工学協会
【後援(予定)】大阪府教育委員会、京都府教育委員会、兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、
和歌山県教育委員会、滋賀県教育委員会、大阪市教育委員会
【協 力】Sky株式会社
---------------------------------------------------------------------------

【主な内容】(※時間、内容などは予告なく変更になる場合があります。)

○基調講演
新学習指導要領における情報活用能力
中川 一史(放送大学教授)

○特別講演①
新学習指導要領と授業改革 -問われる教科の授業づくりと「知識」の意味
久野 弘幸(名古屋大学准教授)

○特別講演②
学校における働き方改革の論点と課題 -中教審の審議と答申
小川 正人(放送大学教授)
文部科学省中央教育審議会副会長、学校における働き方改革特別部会長

○情報教育①
教科指導の中で情報活用能力をどのように育むか

○講演<喫緊課題>
・ソーシャルメディアによる人間関係の構築と情報モラル
-ネットいじめやフェイクニュース問題への対処法
・教育情報セキュリティポリシーと学校のICT

○情報教育②
小学校プログラミング教育の現状と展望

○事例・実践報告<ICT活用と効果>
・生徒一人一台のコンピュータ環境の運用と今後の展望
(学校法人大阪初芝学園 初芝富田林中学校)
・タブレットを指導用に活用する「堺スタイル」の整備の詳細と効果
(大阪府・堺市教育委員会)
・校務の情報化に向けた取り組みについて
(大阪府・枚方市教育委員会)


---------------------------------------------------------------------------

◆詳細・お申し込み◆
(リンク »)


●記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
●本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Sky株式会社の関連情報

Sky株式会社

Sky株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]