クラウド時代のサーバー運用入門 > 第13回 はじめての運用設計 - 非機能要求グレードを活用しよう

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2019年01月07日

CTC教育サービスはコラム「 クラウド時代のサーバー運用入門 > 第13回 はじめての運用設計 - 非機能要求グレードを活用しよう」を公開しました。

###

みなさんこんにちは。一般的にソフトウェア開発はリリースがゴールのように捉えられがちですが、システム運用はリリース後からが本番です。サービスの品質を維持し続けるには運用設計でどれだけ品質を高められるかが重要ですが、「そもそも何をどう設計すればよいのだろう」という疑問もあるかと思います。

一般的にインフラ運用は非機能要件をどれだけ満たすかが評価基準になることが多いのですが、機能要件と違い、「ある要件を満たしていない」という状態が見えにくく、運用設計に熟練したメンバーがいないと「この非機能要件は要求として挙がっていない」のか、「運用設計の考慮から漏れていた」のかが判別できず、運用後に「ところでこの障害、どう復旧するのが正しいのだろう」などのような判断の迷いに繋がりかねません。

運用設計の品質向上に「非機能要求グレード」を活用しよう

非機能要求グレードは、システム基盤の発注者要求を見える化する非機能要求グレード検討会から生まれたツール群で、本稿執筆時点では2018年4月25日に公開された版が最新版となっています。
参考URL : (リンク »)

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]